水沢がシード校の黒沢尻工を下す

 同地区対決となった黒沢尻工水沢の注目のカードは5回まで両投手の投げ合いとなった。
 試合が動いたのは6回裏、水沢の攻撃。黒沢尻工の投手が代わった矢先、2つのエラーと四球で満塁に。菅原理彦(3年)の犠牲フライで先制すると、続く佐々木俊祐(3年)のヒットでさらに1点を追加。この回2点を先制する。

 投げても水沢先発の渡邉 悠行(3年)が、6回までノーヒットに抑える投球で、黒沢尻工を寄せ付けない。
 反撃したい黒沢尻工は、7回に菊池敏生(3年)、畠山祐輝(3年)がヒットで出塁するも、ホームが遠い。

 対する水沢は8回裏、ここまでノーヒットだった小野寺 旭(3年)のタイムリーで、さらに1点を加え、3対0と試合を優位に進める。

 後がない黒尻沢工は、9回表に畠山のタイムリーで1点返すが、反撃もここまで。
 水沢がシード校・黒尻沢工を下し3回戦へと駒を進めた。

(文=菊池 勝也)