第154回 読売巨人軍 村田修一選手 「結果を残すために良いルーティンを見つけることが大事」2013年07月19日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 球界を代表する長距離打者・村田修一選手。07年に初の本塁打王を獲得。08年には46本塁打を放ち、2年連続本塁打王に輝きました。2012年に巨人に移籍し、3年ぶりの日本一に貢献。今回は、そんな村田選手の打撃理論や、走ることの重要性、野球用具のこだわりについて伺ってみました。

【目次】
[1]村田修一選手が伝授する長打を打てるポイント
[2]走ることの重要性を語る
「3」高校球児へメッセージ

村田修一選手が伝授する長打を打てるポイント

――まず、構えについて教えていただきたいのですが、村田選手が構えで大事にしていることはどんなことでしょうか。

村田修一選手(以下「村田」) 構える時は、あまり頭を動かさないことです。常に、姿勢をまっすぐ正して構えることを心がけています。自分の中の基準としては、球場にはライトポールがありますよね。そのポールに対して、真っ直ぐ立つようにしていますね。

――タイミングの取り方はどのように考えていますか?

村田 タイミングの取り方は、ネクストバットサークルで、投手を観察して、いつ足を上げればいいかを考えています。クイックで投げる投手にしろ、ノーワインドアップにしろ、投手それぞれ投げるタイミングが違いますので、打席に立ってから合わせられるように、打席に入る前に合わせるように心がけています。

――高校生の場合は初対戦が多いですが、どのようにしてタイミングの取り方を工夫していけばいいでしょうか?ね。

村田 初対戦といっても、投手はブルペンで投球練習をすると思いますし、観察すれば、タイミングを合わせる練習はできると思いますよ。

――村田選手の“ミートポイント”とは?

村田 僕は、手が伸びきる前に当たればいいかなと考えていますね。手がちょっと伸びる前に当たると、押し込みができるので、少し肘が曲がる状態で当てるように心がけていますね。

――では、自分のスタイルを確立するためのオススメの練習法はありますか?

村田 長距離打者を目指すならば、ボールにスピンをかけて打つことは大事ですよね。そのため、ティー打撃の時に工夫してもらいたいことなのですが、普通ボールを捉える時は正面でボールを捉えていますよね。でも、長距離打者の場合、ボールの下を捉えるように練習していますね。僕の場合、ティー打撃をやるときは横からではなく、上に上げてもらって、ボールの下を捉える練習を行っています。

――村田選手の中で、今のバッティングが確立した時期というのはいつでしょうか?

村田 本塁打王を獲得した2008年頃ですね。個人的にはすごく良い時期でした。ちょうどその時期は、北京五輪と第2回WBCがあって、そこで、あまりいい成績を残せなかったんです。WBCでは、主軸として使ってもえるようにと、その意識で、練習を続けていたからこそ、バッティングの感覚も掴めたものだと思っています。

――村田選手がホームランを打つ上で大事にしているものとは何でしょうか?

村田 どんな状況でも強くバットを振れる構え。そして、気持ち、心の準備も大事にしています。

――強くバットを振るために、良いトレーニングや練習法はありますか?

村田 ロングティーは有効な練習法ですよ。僕は、高校の時から、プロ入りしてからもずっと継続してやっています。
打席に立てば、投手が投げるボールによる反発力で飛ばすことはできますが、遅いボールを飛ばすには、しっかりと打たないとなかなか飛ばないので、遠くへ飛ばす力を養うには有効的な練習です。

――そんな村田選手が、プロ入りしてから最も記憶に残っている1本はありまか?

村田 初ホームランも嬉しかったですけど、2007年に、佐々岡真司(元・広島東洋カープ)さんから打ったホームラン。(ホームランを打って)涙が出たのはあの1本だけですね。
佐々岡さんの引退試合だったんです。そこで、ホームランを打ってしまって、申し訳ない気持ちはありましたけど、あのホームランで一つ乗り越えられたものがあったと思います。

【次のページ】 走ることの重要性を語る

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

村田 修一 (むらた・しゅういち)
  • 1980年12月28日 福岡県出身
  • 身長177センチ 体重92キロ 右投右打
  • 東福岡高校
    -日本大学硬式野球部
    -横浜ベイスターズ (2003 - 2011)
    -読売ジャイアンツ (2012 - )
  • 本塁打王:2回 (2007年、2008年)
    ベストナイン(三塁手):2回 (2008年、2012年)
    月間MVP:2回 (2003年9月、2008年7月)
    優秀JCB・MEP賞:3回 (2003年、2006年、2007年)
    スピードアップ賞:1回 (2011年)
【関連記事】
第890回 「思考力×身体能力」でポテンシャルは青天井 マハチ・棚橋一生(篠栗ボーイズ) 【2019年インタビュー】
第77回 松坂世代の現在 現役を続けている選手 指導者になった選手【高校野球コラム】
第193回 ミレニアム世代はそれぞれの道へ!注目選手たちの進路一覧!【ドラフト特集】
第26回 松坂大輔が甲子園を席巻して、横浜が春夏連覇を果たした世紀末の1998年【高校野球ヒストリー】
第87回 高いレベルで新旧の勢力が入り乱れ、群雄割拠状態が続く【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第492回 東福岡レギュラー座談会「サッカー・ラグビーに負けず、記念すべき年に野球部も存在感を示したい!」【野球部訪問】
第694回 金光 雄紀(東福岡)「一流」から学び「一流投手」への道進む 【2018年インタビュー】
第152回 読売巨人軍 坂本勇人 選手 【2013年インタビュー】
第151回 読売巨人軍 長野久義 選手 【2013年インタビュー】
第69回 横浜ベイスターズ 吉村裕基選手 【2011年インタビュー】
村田 修一(東福岡) 【選手名鑑】
東福岡 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー