第151回 読売巨人軍 長野久義 選手2013年05月31日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

高校時代は、福岡県の筑陽学園高でプレーし、日本大学では大学4年次に2季連続首位打者を獲得。その後は、社会人野球のHondaへ進み、都市対抗大会優勝を経験。2010年に読売ジャイアンツに入団。その年に新人王、翌年にはベストナイン、首位打者、ゴールデングラブ賞と、数々のタイトルを獲得するなど、多大な成績を残してきた長野久義選手。今回は、そんな長野選手に独占インタビュー!

【目次】
[1]長野選手が語る守備・打撃のこだわり
[2]向上心を持ち、毎日の目標を立てよう

長野選手が語る守備・打撃のこだわり

読売巨人軍 長野久義選手

――長野選手は、捕球してから投げるまでが速い印象がありますが、高校生たちが、それを習得できるためには、どんなことを意識または練習するのがいいのでしょうか?

長野久義選手(以下「長野」) 自分もあまりできていませんが大西コーチから『まずはしっかり捕ること』を意識するようにアドバイスをもらっています。キャンプから、捕る、ステップする、投げるを分けて反復練習しています。

――また送球の正確性を高めるために大事なことを教えてください。

長野 キャッチボールから意識してやることが必要です。ひとつひとつの練習の意味を考えて取り組んでほしいです。

――捕球時では、守備範囲を広げるための工夫またはポイントを教えてください。

長野 捕手の構え、打者のスイングなどを観察しある程度の方向を予測し準備しています。どの守備位置でも一歩目は大事ですね。

――続いてバッテングにお伺いします。長野選手は、ホームベースから離れて構えていますが、それはなぜでしょうか?真似をしたい高校生も多いのですが、長野選手が考える構え、立ち位置の考え方を教えてください。

長野 大学時代に外角のボール球に手を出してしまうことが多かったのですが、チームメイトから『少し離れて立ってみては?』というアドバイスをもらい実践してみたら自分にはしっくりきました。すぐに良くなることはありませんので根気強くですね。

――では、スイングスピードをあげるための方法を教えてください。

長野 自分は重いバットで強くたくさん振っています。個人個人で違うとは思いますが自分に合ったバットで強く振ることを体に覚えさせればいいかもしれません。

このページのトップへ

【次のページ】 向上心を持ち、毎日の目標を立てよう

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

長野久義
長野久義 (ちょうの・ひさよし)
  • 読売巨人軍
  • ポジション:外野手
  • 生年月日:1984年12月6日
  • 出身地:佐賀県三養基郡基山町
  • 経歴:筑陽学園高 - 日本大学 - Honda - 読売ジャイアンツ(2010〜)
  • 身長体重:180cm・83kg
  • タイプ:右投右打
  • 2009年ドラフト1巡目で読売巨人軍に指名され入団。
  • 新人王 (2010年)
    ベストナイン:2回 (2011年‐2012年)
    ゴールデングラブ賞:2回 (2011年‐2012年)
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第773回 筑川コーチと二人三脚で成長 伸びしろは無限大!齋藤友貴哉(Honda)【後編】 【2018年インタビュー】
第769回 「投手人生を大きく変えた桐蔭横浜時代」 遅咲きの153キロ右腕・齋藤 友貴哉(Honda)【前編】 【2018年インタビュー】
第87回 高いレベルで新旧の勢力が入り乱れ、群雄割拠状態が続く【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第8回 バランス良い勢力構図の福岡、南北共に実績校が並ぶ【2代表制大会展望】【100回記念大会特集】
第445回 福岡大大濠(福岡)「好投手の道は基礎技術・基本技術の積み上げしかない」【野球部訪問】
第32回 高いレベルで新旧の勢力が入り乱れ、群雄割拠状態が続く(福岡県)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第345回 【福岡抽選会後 展望】福岡大大濠はいきなり福岡第一と!どこが抜け出してもおかしくない激戦の組み合わせに【大会展望・総括コラム】
第254回 花巻東時代の女房役・佐々木 隆貴選手が語る「アイツのこと」【後編】 【2015年インタビュー】
第253回 花巻東時代の女房役・佐々木 隆貴選手が語る「アイツのこと」【前編】 【2015年インタビュー】
第192回 日本大学 京田 陽太選手(青森山田高出身) 【2014年インタビュー】
筑陽学園 【高校別データ】
日大高 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
日大二 【高校別データ】
日大山形 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー