第150回 横浜DeNAベイスターズ 荒波 翔 選手2013年05月15日

 中学・高校・大学と、多くの全国大会を経験してきた荒波翔選手。中学では戸塚シニアで全国制覇を経験。横浜高校時代も、3年春のセンバツで準優勝。その後、東海大、トヨタ自動車と名門チームで結果を残し、2011年に横浜DeNAベイスターズに入団。プロ入り2年目の昨シーズンは、ゴールデングラブ賞を獲得。今シーズンも開幕戦からスタメン出場し、大きな活躍を残している。今回はそんな荒波選手に、走攻守のすべてにおいての自身のポイントをお伺いしました。

目次

【目次】
[1]高校時代で身につけた走塁・守備の基本
[2]荒波選手の走攻守におけるポイントをすべて伝授!
[3]個人練習は周りと差をつけるための練習

高校時代で身に付けた走塁・守備の基本

――横浜高校時代の野球で今でも生きている考え方などはありますか?

荒波翔選手(以下「荒波」) そうですね、例えば、守備では打者のバットの角度などを見たりして守備位置を変えています。走塁は相手の隙をつくなど、そういった走塁・守備での基本は、高校時代に教えていただいたことが、プロ入りしてからも生きています。

横浜DeNAベイスターズ 荒波翔選手

――高校1年夏もレギュラーで甲子園に出場してベスト4。当時の甲子園の雰囲気は今でも覚えていますか?

荒波 覚えていますよ。試合開始を待っている時が、今まで一番、緊張した瞬間でした。今でも、テレビで甲子園を中継していると、高校球児の一生懸命なプレーについ見入ってしまいます。自分自身も初心を思い出しますね。

――荒波選手といえば、高校・大学・社会人でも1年目から、レギュラーを獲って活躍してきましたが、新しい環境ですぐに力を発揮できる要因は何でしょうか?

荒波 新しいところに入るということは、チャンスは誰にでもあると思っています。他のみんなも緊張しているので、そんな中でアピールしていくためには、自分の力を100%発揮できるように、しっかりと準備することが大事だと思っています。

――荒波選手もプロ入り1年目から、二軍のグラウンドで一人残って、守備練習をひたすらされていましたね。そんな中で、見つけ出したオススメの守備の練習方法があればぜひ教えてください。

荒波 僕は、守備が持ち味で、それをアピールしなければならないという気持ちがあったので、そこをより強く意識して取り組んできました。
 練習においても、ただ打球を追うのではなく、例えば打球に追いつたら、捕球体勢だけではなく、二塁、三塁へ投げる体勢もすぐにとるという習慣を意識付ける。それをやるか、やらないかだけでもだいぶ違いますね。
 今振り返ってみれば、それを高校の時にやっていれば、もっと良くなっていたかなという気持ちもあります。だから、高校生の皆さんにはぜひ普段の守備練習からそういう意識を持ってやって欲しいと思います。

――なぜ、荒波選手は守備でアピールしようと思われたのでしょうか?

荒波 走力が持ち味だと感じているからです。その面から守備以外だと、走塁もそうです。打撃は自分より力のある選手が多くいますが、足は特に自信を持っているので、走力を生かせる守備や走塁の面でアピールしていこうと決めました。

このページのトップへ