第143回 Honda 筑川 利希也 選手(東海大相模出身)2013年04月02日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 神奈川・東海大相模の『センバツ優勝』と聞いて、最も記憶に新しいのは、2011年春の第83回選抜高校野球選手権だろうか。センバツ決勝戦では、長田竜斗-近藤正崇の登板リレーで、九州国際大付打線を1失点に抑えた。また、バッティングでもチームで、5試合74安打を記録。準決勝では、史上初となる2本の満塁本塁打を放つなど、強打も印象付けた。
 その11年前の春。2000年の第72回選抜高校野球でも、東海大相模は全国優勝を果たした。この時のエースが、筑川利希也(ちくがわ・りきや)。現在は、社会人野球の強豪・Hondaの主戦として登板。4年前の都市対抗大会(2009年)優勝に貢献し、大会MVPを獲得するなど、今でもなお、活躍をし続けている投手だ。

【目次】
[1]20試合以上のパターンをイメージしてマウンドに上がっていた高校時代
[2]決勝戦、最後の一球はみんなが一緒に投げてくれた
[3]センバツ優勝から13年目の春


20試合以上のパターンをイメージしてマウンドに上がっていた高校時代

 エース筑川を擁して臨んだ、この年の春の東海大相模も強かった。
 初戦の今治西戦では、シーソーゲームを制した。先発の筑川が7回に捕まり同点とされるも、5対5で迎えた10回裏。筑川がセンターオーバーの三塁打を放ち、サヨナラのチャンスを作ると、次打者の打席で、相手投手の初球が暴投となって、その間に筑川がホームに生還。6対5で勝利を収めた。
2回戦の東洋大姫路戦では、筑川は5者連続三振を奪うなど、この試合で13奪三振をマーク。下手投げの山脇大輔(東洋大-日本生命)と投げ合い、3対2で東洋大姫路を下し、準々決勝へと進んだ。

Honda 筑川利希也選手

 続く作新学院戦では筑川は、「関東大会でも対戦していたので、ある程度、打者の特徴がつかめていました」と、9回3失点の好投で、9対3で勝利した。
 当時、東海大相模ナインは何を思い、どこを目標にして、センバツに出場していたのだろうか。筑川はこう振り返る。
「秋の関東大会で優勝して、センバツへの出場が、ほぼ当確となった状態で、門馬監督がミーティングで、『出るのが目標じゃない。出場して優勝するのが目標だ』とお話しされました。自分たちもそのつもりでしたし、センバツまでは準備期間が長いので、何をやれば勝てるのかをずっとイメージして練習に臨むことができたんです。だからこそ、一戦一戦に対して、チーム全体に、自分たちの野球が出来れば、勝てるという自信があったと思います」

 “何をやれば勝てるのかをイメージした練習”とは一体、どんな練習なのだろうか。実際に、筑川が当時、実践していた内容がこれだ。

「自分は、試合前に何十試合のパターンをイメージしてマウンドに上がるタイプでした。つまり、自分でマインドコントロールして野球をやっていたんです。だから、なんとなく自分のイメージ通りに試合が運んでいるなということが、常にありましたね。
 方法としては、自分の調子を何通りかに分けます。そこから、試合前に相手のデータはある程度、入ってきているので、この打者はこういう打ち方だから、ここに投げれば、この方向に打球が飛ぶなとか。実際に、対戦したことがあれば、特にイメージはわきますね。それで、自分の調子が良い時はしっかりとコントロールできるから完封できると思ったり、調子が悪いからこれぐらい打たれるだろうなとイメージする。
 寝る前に10試合分。あるいは、試合日まで一週間空いていれば、20試合以上のパターンを考えて頭でイメージするときもあります」

 このイメージトレーニングを筑川が始めたのは、実は小学生の時からだ。少年時代、父親とキャッチボールする時も、常に打者が立っていることを仮定しながら投げていた。
 「ここに投げたら、あそこに打たれた、あそこへ飛んだ」その積み重ねが、高校に入ってからも実践し続けた思考につながっていったという。

「僕は、準備が全てだと思っています。何もしないで負けるのが嫌なんです。色々と準備をして、出しきって負けたなら次につながる。同じような失敗を繰り返したくないので、センバツにおいても、それ以外の大会であっても、すべて準備をして試合に臨みましたね」
 だからこそ、センバツの大舞台で5連投しても、筑川が崩れることはなかったのだ。全国の強打線相手に、粘り強いピッチングが展開できたのだろう。

このページのトップへ

【次のページ】 Honda 筑川 利希也 選手(東海大相模出身)(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

筑川利希也
筑川利希也(ちくがわ・りきや)
  • Honda
  • 東海大相模ー東海大
  • ポジション:投手
  • 生年月日:1982年7月17日
  • 身長体重:175cm・72kg
  • タイプ:右投左打
  • ・第72回選抜高等学校野球大会 優勝投手(東海大相模)
    ・ベストナイン、最優秀防御率(東海大)
    ・第80回都市対抗野球大会 最優秀選手賞(橋戸賞)
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第19回 運命の日を待つ「最速151キロ銀行マン」【四国発】
第186回 大谷世代の社会人がいよいよプロへ!好選手タイプからドラフト指名候補へ成長した選手たち【ドラフト特集】
第771回 筑川コーチと二人三脚で成長 伸びしろは無限大!齋藤友貴哉(Honda)【後編】 【2018年インタビュー】
第769回 「投手人生を大きく変えた桐蔭横浜時代」 遅咲きの153キロ右腕・齋藤 友貴哉(Honda)【前編】 【2018年インタビュー】
第9回 Honda 「ライバルに差をつける 自主練習の組み立て方」(後編)【社会人野球から学ぼう】
第8回 Honda 「ライバルに差をつける 自主練習の組み立て方」(前編)【社会人野球から学ぼう】
第9回 青山学院大学野球部 『自主練習は一朝一夕にならず』【先輩から学べ】
第151回 読売巨人軍 長野久義 選手 【2013年インタビュー】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー