堀越高校(東京)で、3年生最後の夏は、西東京大会ベスト4。190センチの大型投手として、その存在を知らしめた岩隈久志投手は、高校卒業後は、東北楽天ゴールデンイーグルスなど3球団で12年間プレーし、2012年からはMLB・シアトル・マリナーズに移籍。 今回は、岩隈投手から、特別寄稿で高校球児のみなさんにメッセージをいただきました。

■MLB経験者からの特別寄稿!
ボストン・レッドソックス 上原浩治 選手 (後編) 
ボストン・レッドソックス 上原浩治 選手 (前編)

目次

【目次】
[1] まずは『自分』がどうあるか
[2] 個の力を高めることでチームは強くなる

まずは『自分』がどうあるか

――2012年は一年間、メジャーでプレーされて、環境に適応することに対して、とても前向きな印象を受けたのですが、その中でも最も苦労したことは何でしょうか?

岩隈久志さん(以下「岩隈」) 打者の特徴を掴むことに時間がかかったことですね。マウンドやボールよりも、打者がどういうスイングするのかが、分からなかったので、いろいろ球種を試しながら、打者の傾向を探って行きました。

――岩隈投手は日本で投げていた時よりもストレートの平均速度が3キロほど速くなっていました。トレーニングするにあたって何か工夫したことはありますか?

岩隈 トレーニングの量を増やしました。とくに、インナーを鍛えてきました。また、メジャーは日本に比べて試合数も多いので、肘、肩が万全の状態で投げられるように、調整も工夫しました。

「アメリカの野球は自主性が強い」

――日本とアメリカでの練習のスタンスで、一番違いを感じたのはどの点でしょうか?

岩隈 やはりアメリカは個人というか『自分』がどうあるかです。練習の仕方は、自分で決めなければならない。コーチは、サポートをするだけ。日本はコーチがメニューを決めていますが、アメリカはそれがない。自由といったら自由ですけど、すべて結果に返ってくるので、厳しい世界ですね。

――とはいえ、岩隈選手は新しい環境の中でも、自分自身で調整をし、結果を残してきました。そこに戸惑いがなかったのも、高校時代から個人練習を多く取り入れてきたからでしょうか?

岩隈 そうですね。高校の時も、自主練習などの時間に、自分の課題を重点的に取り組んできました。それをやることこそ、いずれ自分の自信につながっていくものなのですよね。