第128回 ボストン・レッドソックス 上原浩治 選手 (後編)2013年02月07日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 上原浩治が語る“遠投の重要性”
[2] キャッチボールが最も重要である!
[3] MLBのマウンドに上がる覚悟

キャッチボールが最も重要である!

――先ほどの真っ直ぐのキレを磨くという部分で、他にオススメの練習方法はありますか?

上原 ジャイアンツ時代にやっていたことは、サードゴロを打ってもらって、サードからファーストへ思いっきり投げる練習をやっていました。あと、塁間で助走をつけて投げるとか。そういう練習は、体の力をボールに伝えるにはオススメですね。これも体全体を使わないと投げられないですからね。やりこめば、肩は強くなると思うんですけど、やりすぎは気をつけてくださいね。

――続いて、ストレートを生かすための、変化球のこだわりについてお伺いしたいと思います。

上原 僕の場合は、フォークボールしかないですね。とはいえ、フォークボールを生かすも、殺すのもストレートだと思っています。

――変化球とストレートの投げ分けで工夫していることはありますか?

上原 投球フォームを一緒にすることですね。次は変化球がいきますよというフォームは打者も感じますからね。ストレートと変化球を投げるフォームを一緒にすることですね。

「キャッチボールの意識が上達につながる」

――打者との間合いは、どのように図っていますか?

上原 打者は関係ないですね。自分のペースで投げることを大事にしています。今のテンポは、大学時代から継続していることですね。自分のペースで投げるという部分は、大学時代と変わらないですよ。キャッチボールも、捕ってから速いとよく言われますけど、それは僕にとって普通なんです。意識して速くしているわけではなく、体に染み付いているものだと思っています。

――では、コントロールを磨くために、どのような練習を取り入れているのでしょうか?

上原 キャッチボールで意識して、投げようと思っているところに投げられるかどうか。それだけです。よく、キャッチボールは『肩を温めるだけのもの』と考えている人がいますが、そんなのは違いますからね。いかに狙ったところに投げられるか。投げる相手が、立っているか、座っているだけの違いですから、キャッチボールでもコントロールを意識することが、上達を早めると僕は思います。

――なるほどですね。では試合前、上原投手はどのような準備をされてマウンドに上がっていくのでしょうか?

上原 まず僕はキャッチボールで、ストレート、変化球を投げ込みます。それを意識して、次にブルペンに行った時に、ボールを持ちながら、こういう感覚で投げられれば大丈夫だという感覚で、試合に入りますね。キャッチボールは基本です。でも、この基本が第一ですから。基本を疎かにして、応用は絶対にできないですからね。キャッチボールは本当に大事だと僕は考えています。

続いて、上原選手にはMLBに挑戦する中で、改めて学んだことや気づいたことを伺いました。

【次のページ】 MLBのマウンドに上がる覚悟

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第937回 【大阪大会総括】混迷を極めた大阪大会を制したのは履正社!金光大阪など上位進出したチームを総括【大会展望・総括コラム】
第629回 野球部は大きなファミリー!母校を率いる指揮官の熱い思い 益田東(島根)【前編】【野球部訪問】
第942回 令和最初の大阪大会は3回戦が最も盛り上がる!今から見逃せない要注目のブロック!【大会展望・総括コラム】
第45回 東海大仰星(大阪)「チームワークと打力で悲願の夏の甲子園出場へ!」【冬が僕らを強くする2019】
第501回 本日大阪抽選会!高校野球ドットコム座談会 「2017年夏の展望を語り尽くす!!」大阪編【大会展望・総括コラム】
第172回 ボストン・レッドソックス 上原 浩治 投手 【2014年インタビュー】
第144回 野球解説者 桑田真澄 さん 【2013年インタビュー】
第141回 シアトル・マリナーズ 岩隈久志 選手 【2013年インタビュー】
第127回 ボストン・レッドソックス 上原浩治 選手 (前編) 【2013年インタビュー】
上原浩治のピッチング・メソッド
東海大仰星 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー