第125回 富士大学 多和田 真三郎 投手2013年01月13日

目次

【目次】
[1] ピッチャーは気持ちが大事!
[2] ブルペンでいかに集中して投げるか 【動画】
[3] 多和田投手のピッチングの根幹とは?
[4] ストレートが良いピッチャーほど、嫌なピッチャーはいない!

 第43回明治神宮大会大学の部で、国際武道大を相手にノーヒットノーラン(9奪三振2四死球)を達成。同大会では21年振り4度目という快挙を成し遂げ、鮮烈な"全国デビュー"を飾ったのが富士大・多和田真三郎(中部商卒)投手だ。

 181cmの長身。歩幅にして7足はあるというステップから、キレのあるストレートと抜群の制球力で秋のリーグ戦、70イニングを投げて防御率僅か0.51という驚異的な数字を残した。以下参考までに代表的なピッチャーの今季の記録を並べてみた。


氏名(大学) 防御率 被安打率 奪三振率 与四死球率 K/BB WHIP
多和田真三郎(富士大) 0.51 3.86 10.16 1.41 7.18 0.59
東浜 巨(亜細亜大) 1.02 6.14 11.25 1.84 6.11 0.89
三嶋 一輝(法政大) 0.89 4.02 10.50 1.79 5.88 0.65
田中 将大 (楽天) 1.87 8.32 8.79 1.09 8.89 1.03
前田 健太 (広島) 1.53 7.02 7.46 2.27 3.89 0.99

 リーグが違うので厳密に比べることは出来ないが、それでも多和田の成績が、ドラフト1位指名を受けた東浜巨と三嶋一輝に引けを取らないほど際立っていたのが一目瞭然ではないだろうか。

※K/BB→三振から四死球を割った数値。この数値が高いと、制球力があり且つ三振が奪える、いわゆる”ピッチャーとしての完成度が高い”と言われる。(ちなみに2012年度のMLBナンバーワンが上原浩治で14.33だった)
※WHIP→被安打と与四死球を足して、投球回数で割った数値。”1イニング当たりに何人の出塁を許したか”ということ。走者を多く出せばそれだけ失点の確率が高くなるので、この数値が低いと、ヒットを打たれにくく且つ四死球で走者を出さない、”安定したピッチングをする投手”といえる。

 最速146キロを持ち、しかしその数値以上に打者の手元で伸びてくると言われる多和田のストレート。大学1年生ながら明治神宮大会への切符を手に入れた見事な集中力と精神力。そして多和田の特徴でもある打者の手元で球を離すリリースポイントや制球力を上げる方法など語ってもらった。

ピッチャーは気持ちが大事!

富士大学 多和田真三郎 選手

――秋はリーグ戦の防御率が0.51と成長の証が見えました。

多和田真三郎(以下「多和田」) 春に比べて特別変わったことはしていなかったのですが、秋へ向けて真っ直ぐの精度を上げることには取り組みましたね。あとは4年生が最後ということもあって、気持ちが入りました。

――代表決定戦での3連投では25イニング無失点。多和田投手といえば"連投に強い"が挙げられますが?

多和田 宮里豊(中部商 外部コーチ)コーチからは、マウンドに立ったら絶対に顔に出すなと教わりました。疲れた顔やピンチでの表情など、そぶりを見せないことを、大学でも通してやった結果なんだろうなと思います。ピッチャーは気持ちが大事なんです!

高校3年での夏の選手権沖縄大会。多和田投手は浦添商との延長13回を完投した翌日もマウンドへ上がり、豊見城との延長12回を一人で投げ切った。大学での代表決定戦でも、もちろん疲れはあったというが、この打者を抑えたら神宮へ行ける!という強い気持ちで投げたのだ。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。