第121回 セガサミー 赤堀 大智 選手2012年12月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 188cm91kgの大型野手・赤堀大智。公式戦での場外本塁打のパワーだけでなく、高い守備力も評価され、今年のドラフトでは横浜DeNAから4位で指名。打撃と守備のパワー&スピード向上について伝授します!

【目次】
[1]大型パワーヒッターのバッティング理論
[2]守備でのスピードを追求せよ
[3]強豪・セガサミーでのトレーニングは?


大型パワーヒッターのバッティング理論

セガサミー 赤堀大智選手

――高い長打力をもつ赤堀選手ですが、まずはバッティング時の軸はどこに置いていますか?

赤堀大智(以下「赤堀」) 僕はあまり前に出たくないんですよね。構えて、後ろにテイクバックを取った時の右のライン。ここが軸ですね。いつも、ここを意識しています。
 右側を軸にして、手と腰とヒザを一緒に出すイメージ。左のラインが開くのを我慢すれば、右のラインが出ますよね。そういう目的で、軸は右に置いていますね。
 というのも、以前はバットが上手く出てこなかったんです。それを体と一緒に全部出そうという意識にすると、前よりもバットが出るようになりました。先輩の十九浦(拓也)さんやコーチから色々とアドバイスを受ける中で、自分はこれが打ちやすいなと、今のフォームを見つけていきました。

――バットの出し方は、大学時代と社会人では変化はありますか?

赤堀 社会人になってから、『バットを最短で出す』ことと、『コンパクトに振る』というのは違うんだと気付きました。

 最短で出すというのは、バットをポンと出すイメージ。そうすると、体が前に前に出て、ヘッドも走らないし、打球も飛ばない。そうではなくて、バットを落とすイメージ。
 それを身に付けるには、後ろの手だけで打つ練習をしました。僕の場合は右手ですね。これは、ヘッドを意識するために右手で打つんですが、片手で打つと、ヘッドがキレイにパチンと走れているかが分かるんです。
 誰かにトスをあげてもらってもいいし、自分でボールを持って打ってもいい。この感覚を少しずつ覚えていくことで、バッティングは良くなっていったかなと思います
 僕は、今まで引っ張っるだけのバッティングがすごく多く、ヘッドが下がって弱い打球になってしまったんですが、これを練習したら前よりも強い打球が打てるようになりました。


――インパクトの瞬間に力を入れるために、どんな体の使い方をしているのでしょうか?

赤堀 体の力もいると思いますが、やっぱりバットのヘッドが走らないと、強い打球が打てないと思うので、そのヘッドを走らせるためには、体の開きを抑えることだと思うんですよね。体が開くとヘッドが走らないまま、ボールに当たってしまう。つまり、腰の回転の速さよりも、まずはバットが出るか出ないかということを意識していますね。腰から回したらバットは遅れるので、腰が回る勢いはなるべく抑える。
 そのために、体の前で振る練習をします。僕の場合は、引っ張ってしまうことが多いので、そこを矯正するために、下半身は止めて、体の前で振る練習をしたほうが、強いスイングが出来るようになるんじゃないかなと思います。

都市対抗野球大会での赤堀選手

――打球スピードとパワーをつけるための赤堀選手おすすめの練習法はありますか?

赤堀 オススメは『連続ティー』ですね。キレも出ますし、ムダのないスイングが身に付きます。連続なので、変な動きをしていると追いつかなくなるんですよね。
 重いボールや、重いバットにすればパワーもつくので、軸も安定してきます。
 僕の場合は、連ティーで1日1000回。その中でも、いろんなメニューがあって、30球×10セット、20球×10セット。屈伸してジャンプして10球×10セット、片手打ちで10球×10セット。ノーマルに打って100球など。
 これはチームとしての練習ですが、これを『強化ティー』として全員で取り組んでいました。スイングも強くなりますし、バットの出る位置も自然に身に付く。軸も出てくる。本当にオススメです。

【次のページ】 守備でのスピードを追求せよ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

赤堀 大智
赤堀 大智 (あかほり・だいち)
  • 掛川西高-立正大-セガサミー
  • ポジション:外野手
  • 身長体重:188cm・91kg
  • タイプ:右投右打
  • 社会人時代の実績:2010年関東選抜リーグ戦新人賞 2011年関東選手権首位打者賞
  • 横浜DeNAベイスターズ4位指名(2012)
  • 上記データは掲載時のものとなります。

【関連記事】
第753回 大本命・静岡が4回戦で消える大波乱が起こった静岡県の夏を振り返る【大会展望・総括コラム】
第724回 小郷賢人(関西ー東海大学)「分かっていても空振りする真っ直ぐ」でNPBの日本代表を目指す 【2018年インタビュー】
第708回 センバツ出場の静岡がリードし、東海大静岡翔洋と常葉大勢が追う【大会展望・総括コラム】
第715回 ホセ・ロペス(横浜DeNAベイスターズ) 技術のベースを作ったMLB時代。ホームランの打ち方を伝授!【後編】 【2018年インタビュー】
第711回 ホセ・ロペス(横浜DeNAベイスターズ) 「知られざるベネズエラ時代の歩み」【前編】 【2018年インタビュー】
第651回 内川 聖一選手(福岡ソフトバンクホークス)ケガの時期は「プラス要素」に変えられる【後編】 【2018年インタビュー】
第648回 内川 聖一選手(福岡ソフトバンクホークス)「大舞台で力を出す」メンタルと栄養学【前編】 【2018年インタビュー】
第47回 梶谷隆幸(開星~横浜DeNAベイスターズ)野球生命のピンチを乗り越えて【恩師が語るヒーローの高校時代】
第126回 【小関順二のドラフト指名予想】横浜DeNAベイスターズ編 「チーム内で化学反応を起こすような指名を」【ドラフト特集】
第506回 【静岡展望】大本命の静岡を中心に、東海大静岡翔洋、藤枝明誠が続くか!他校も虎視眈々と王座狙う!【大会展望・総括コラム】
殖栗正登のベースボールトレーニング&リコンディショニング
都立大田桜台(派遣:立正大立正) 【高校別データ】
掛川西 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー