印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第119回 株式会社アシックス 仙田 正之 さん2012年12月13日

【目次】
[1] ブランドスローガン「最新、最速。」に込められたメッセージ
[2] トップアスリートたちとのシューズ、ウェア開発 /「野球を疑え。」
[3] ASICS BASEBALL が描く野球の未来

ブランドスローガン「最新、最速。」に込められたメッセージ


▲ASICSが誇る研究施設「アシックススポーツ工学研究所」をモチーフにデザインされたメインビジュアル

――ブランドスローガン「最新、最速。」の2文字は印象的なのですが、現場の意見を含めての2文字なのでしょうか?

仙田 正之さん(以下「仙田」) ASICSの強みは何かと考えた結果、既存のASICSブランドのイメージを高めていく必要があると考えました。そこで、ブランド調査をしたところ、ASICSブランドには「スピード」というイメージが抱かれていることが分かりました。そのイメージをさらに強く野球というカテゴリーの中に打ち出すには、何かメッセージとして持つべきではないかと。という理由で、この言葉が生まれました。ASICS BASEBALLは、一番新しいブランドであり、一番スピード感のあるブランドでもある。それを分かりやすく表現したのが「最新、最速。」になります。

アシックス株式会社 仙田 正之さん

――「最新」というワードに関してはどうでしょうか? 

仙田 一番新しいブランドが市場に出るということですので、「最新」になります。切り口としては従来の野球によく言われる“泥臭さ"“土臭さ"がない“かっこいい"“スマート"な野球。そういう意味でも新しさを切り出していこうと考えました。

――ASICS BASEBALLサイトを拝見させていただいたところ近未来的な感覚を受けました。「最新、最速。」に加え、どのようなイメージを重視されたのでしょうか?

仙田 私たちの誇りであるアシックススポーツ工学研究所です。野球だけではなく、陸上、ランニング、サッカーなど、科学的根拠に基づき、様々なカテゴリーのシューズ、用具、ウェアなどの研究開発を行なっています。その強みをモチーフとし、科学的なイメージを積極的に打ち出しています。

このページのトップへ

【次のページ】 トップアスリートたちとのシューズ、ウェア開発

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

仙田 正之
仙田 正之 (せんだ・まさゆき)
  • アシックスジャパン本部 ベースボール事業部
    マーケティング部
    マーケティングチーム
    マネジャー
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第737回 プレースタイルで選ぶアシックススパイクシューズ I‐SERIES(アイシリーズ)誕生の裏側 【2018年インタビュー】
第115回 株式会社アシックス 井上 堅一 さん 【2012年インタビュー】
第113回 株式会社アシックス 水田 尚繁 さん 【2012年インタビュー】
第112回 株式会社アシックス 高橋 規夫 さん 【2012年インタビュー】
第110回 株式会社アシックス 西村 嘉文 さん 【2012年インタビュー】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー