第114回 広島東洋カープ 前田 健太 選手(前編)2012年11月21日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 PL学園高時代、3年春のセンバツに出場。初戦の真岡工戦で16奪三振を記録。2回戦の愛知啓成戦では完封勝利を挙げるなど、ベスト4入りに貢献。3年の夏は、大阪府大会の準々決勝で敗退したが、エースで4番としてチームをけん引し続けた。
 2007年に広島東洋カープに入団。プロ入り4年目の2010年以降は、毎シーズン二桁勝利を挙げ、数々のタイトルを手にしてきた。
 今回は、そんな前田健太投手に、オフシーズンの取り組みや、メンタルについてお話しを伺いました。

【目次】
[1]前田健太投手のオフの過ごし方
[2]ウエイトトレーニングの効果は?
[3]前田健太選手のメンタルを探る

■後編:テクニカル&マインド編はこちら
第131回 広島東洋カープ 前田 健太 選手(後編)

前田健太投手のオフの過ごし方

広島東洋カープ 前田健太選手

――前田選手の高校時代、12月から2月の期間は、どんな目的を持って練習をされていたのですか?

前田 健太選手(以下「前田」) 僕は、高校の時の冬はすごく成長できる時期だと思っていました。試合がないので、基礎練習やランニング、そしてトレーニングがたくさん出来ますよね。
 僕の場合は、ピッチャーとして単純に球を速くしたいとか、打者としては、体を鍛えればもっと速い打球で遠くに飛ばせるんじゃないかとか、そういう思いで練習に取り組んでいました。技術というよりは、体作り、土台作りですね。これは、春にも夏にも出来なくて、冬にしか出来ないことだったので。

――冬の期間は単調な練習が続き、モチベーションが高まらない選手もいる一方で、なぜそこまで、高い意識を持って、取り組めたのでしょうか?

前田 ホントに冬の練習はしんどいです。しんどい練習ばかりですけど、そこで自分がやらなくて、周りがすごくやっていたら不安になるんですよね。あいつに抜かれるんじゃないかとか、ピッチャーもたくさんいたので。この時期にやらなければ、自分のレベルがどんどん下がっていくんじゃないかという不安が常にありました。
 でも、その冬を頑張った分、春になるとすごく成長を感じることが出来たんです。冬にケガして出遅れた選手と、冬をやりきって頑張った選手は、春にすごく差がでるので、本当に12月から2月は大事な時期ですね。

【次のページ】 ウエイトトレーニングの効果は?

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

前田 健太
前田 健太 (まえだ・けんた)
  • 広島東洋カープ
  • ポジション:投手
  • 生年月日:1988年4月11日
  • 出身地:大阪府
  • 身長体重:182cm・73kg
  • タイプ:右投右打
  • 経歴:PL学園高 ー広島東洋カープ(2007〜)
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第538回 爆発力で勝ち取ったベスト8!チームの意識を変えて挑んだ岩倉(東京)【前編】【野球部訪問】
第29回 高校野球を彩った名選手たちを振り返る!【後編】(1990年代後半~2010年代後半)【高校野球ヒストリー】
第193回 ミレニアム世代はそれぞれの道へ!注目選手たちの進路一覧!【ドラフト特集】
第848回 日米野球MLB代表のクリス・テイラー選手(ドジャース)至高のパワーとスピードの根源に迫る! 【2018年インタビュー】
第835回 非日常だった甲子園での日々 高校3年間はかけがえのない思い出 MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.3 【2018年インタビュー】
第821回 選抜連覇のPL学園を奇襲で破る!激戦の末甲子園へ MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.2 【2018年インタビュー】
第1回 スポーツライター・小関順二さん×高校野球ドットコム副編集長・河嶋宗一の12球団ドラフト分析予想【広島東洋カープ編】【プロ12球団ドラフト分析2018】
第27回 駒大苫小牧が田中将大で、大会3連覇を果たすかという中で注目されていた年【高校野球ヒストリー】
第733回 選抜連覇のPL学園を破るために取り組んだ練習の日々 MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.1 【2018年インタビュー】
第671回 中川 圭太(東洋大)日本代表選手が語る打撃の極意 【2018年インタビュー】
黒田博樹 世界を制する投球術
前田 健太(PL学園) 【選手名鑑】
PL学園 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー