第100回 明治大学 高山 俊 選手2012年07月01日

 日大三高時代の3年夏、5番打者として打率5割、9打点と勝負強いバッティングをみせ、全国優勝に貢献。現在は明治大へ進み、この春はルーキーながら、打率リーグ2位の成績を残し、ベストナインにも選出されました。
そんな高山選手に今回は、強打の秘密と、あの夏の甲子園の思い出を語っていただきました。

目次

【目次】
[1]高打率を残した5番・強打者の思い出
[2]スイングスピードを高めよう!
[3]明治大での活躍に期待

高打率を残した5番・強打者の思い出

決勝まできたら優勝したい気持ちが強かった

――実は高山選手は、1年からずっとレギュラーでしたが、2年春のセンバツの決勝から夏までスタメンを外されてしまったことがあります。その当時は、どんな思いで野球をされていたのでしょうか?

高山選手(以下「高山」) やっぱり悔しかったですよね。だけど、今、調子が悪くても、そういう波って誰にでもあると思うことが出来たんです。その波がちょうど今、下にあるだけで、あとは上がるだけ。
小倉監督からもよく、『落ちる所まで落ちたら、あとは上がるだけだから』と言われました。自分も実際、2年の夏まで落ちるところまで落ちて、あとは上がることが出来ましたから。

――昨夏の甲子園決勝戦では本塁打も放つなど、大会通じて打率5割をマークしました

「高山」 あのホームランは、正直ホームランになると思っていませんでした。あの時は確か、畔上がデッドボールで出塁して2アウトから、横尾がセカンドに落ちるヒットを打ったんですけど、そういう流れって相手にとって嫌な流れだなと思っていました。だから、じっくりいくよりは、一発目でいった方がいいと思ったので、積極的に振っていこうとは思っていました。

――優勝した瞬間の感情は、いまでもハッキリと覚えていますか?

「高山」 そうですね、とても嬉しかったです。決勝まできたら、優勝したいという気持ちが強かったので。決勝戦の前の日にも、優勝する夢を見たくらいですから(笑)決勝戦の試合前も、みんな緊張することもなく、『ここまできて優勝できなかったら、夏の1回戦で負けたのと同じようなもの。ここまできたら勝つしかない』って、話していました。

――今、振り返ってみて、勝ち進むことが出来た要因は何ですか?

「高山」 自分たちの代は本当に仲が良くて、チーム力もありました。
ピンチになっても吉永が頑張ってくれましたし、誰かがチャンスで1本を打った。後輩たちも頑張ってくれて、自分たち先輩もしっかりやらなきゃいけないなと思わせてくれたり、そんなチーム力があったから負けなかったんだと思います。負ける気もしなかったですね。

このページのトップへ