第94回 東芝 林裕也選手2012年02月27日

 2005年夏の甲子園で連覇を成し遂げた駒大苫小牧(南北海道)。そのチームをキャプテンとして率いていたのが、林 裕也選手。高校卒業後は、駒大に進学。そして現在は、社会人野球の東芝でプレーしている。 今回は、「夏予選まで残り100日のカウントダウン」をテーマに、駒大苫小牧高時代の取り組みや当時のチームの雰囲気。また現在、社会人野球の強豪・東芝で野球をする中で改めて学んだことを語っていただきました。

目次

【目次】
[1]僕たちは、本音でミーティングをしているか?
[2]メンバーも監督の目線でチームを見ているか?
[3]残り100日で上達するためには?

僕たちは、本音でミーティングをしているか?

"現在は社会人野球の強豪・東芝でプレーしている"

――林選手が高校2年夏、3年春そして最後の夏と3季連続で甲子園に出場を果たしました。初めて甲子園で優勝した夏のあとすぐにキャプテンに就任した林選手ですが、新チームのレベルとしてはすでにスタートした時から高かったのでしょうか?

林裕也選手(以下「林」)  僕らの代は、前の年に甲子園で優勝を経験した選手が2人しかいなかったんです。秋の大会で優勝もしたけど、それは甲子園の勢いがあったからで、実際に翌春のセンバツに出て戦っても、2回戦では1安打完封で負けて帰ってきました。
 そこで、自分たちのチームの力の無さを改めて痛感しました。それでも、毎年春っていうのは、駒大苫小牧にとっては、まだ通過点の時期なんです。常に、夏に照準を合わせているチームなので、当時もセンバツではなくて、「夏に勝てるチーム」になるための練習をしていましたね。

――3・4・5月の練習試合では、どんな意識でチームで取り組んでいたのでしょうか?

「林」  僕らのチームでは練習試合が終わるとベンチの中で、その日の試合の「良い点」「悪い点」を全部ノートに書くんですよ。
 それで、帰りのバスの中や、自分たちのグラウンドだったらその場で選手だけで集まってミーティングをやりました。反省点を言い合って、それを選手だけで解決していました。

――なぜ、選手だけでミーティングを行っていたのですか?

「林」  やっぱり実際に試合をするのは僕たちなので、僕らがどう感じて、次はどうすれば良いかというのを自分たちが考えなくちゃいけないんです。監督さんもそういった意向でした。
 そのミーティングを仕切る人も、毎回変えていく。僕は主将でしたが、僕だけが話すのではなくて、他の仲間に仕切らせてみんなで話し合っていました。試合っていつ、どこにボールが来るか分からないじゃないですか。だから、全員が色々なことを把握していなければならないと思うので、小さいことでも全員で解決できるまでミーティングをやるんです。

――実際に、ミーティングでは、どんなお話しをされたのですか?

「林」  とくに僕らは、カバーリングや走ることについての指摘はお互いに厳しかったですね。そこで指摘されたことは今、社会人になっても役に立っているので、あの頃、やってきたことは間違ってなかったのかなと思います。
 他にも細かいプレー、めったに出ないプレーも、その場で話し合ったりしていました。夏まで残り一年もない中で、いかに不安をなくしていくのか。練習試合は、改善すべき部分が出てくる場なので、その試合で気づいたことをノートに書き記して、みんなでチームを作っていくんです。もめる時は、本当にもめてケンカになったこともありますよ(笑) 
 僕らの代なんか、下級生に「先輩は、もう試合に出なくていいと思います」とか言われてましたからね。

――そういったことを学年関係なく言い合える雰囲気というのは、林選手の代からですか?

「林」  違います。僕が入学してきた時からそういうことを言い合える雰囲気がチーム内にありました。それは、僕らの先輩たちがつくってくれた雰囲気でもあるので、そういった伝統を僕たちが引き継いで結果的に甲子園で優勝することができただけの話しです。
 だから、「駒大苫小牧の優勝」って僕たちだけの力じゃなくて、先輩たちが作ってきてくれたものの結果だと思うんですよね。
 仲間から言われて、心が痛むんじゃないか?って思うかもしれないけど、全員が「勝ちたい」っていう思いを持っているから、ミーティングで本音で言い合っても、受け入れられるんだと思います。