印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第94回 中日ドラゴンズ 浅尾拓也選手2012年03月28日

 2011年、セ・リーグ最優秀選手賞を受賞。79試合(87回1/3)に登板して、7勝2敗10S。さらに、防御率0.41、45ホールド(52HP)を記録し、最優秀中継ぎ投手にも選ばれた。
 そんな浅尾投手はピッチングだけでなく、今、フィールディングの上手い投手としても注目を集めている。今回は浅尾投手から、フィールディングの上達方法をたっぷりと教えていただきました。また、これから春季大会や、残り100日で夏の大会を迎える球児の皆さんに、強いメンタルを手に入れるための考え方も伺いました。

■関連記事
高校野球ドットコム 2011年インタビュー 第64回 中日ドラゴンズ 浅尾拓也選手 (2011.04.20)

【目次】
[1]1.瞬時の判断力を養う、2.素早いハンドリングの上達法
[2]3.ボールへの反応と瞬発力を磨く
[3]ピンチに強いメンタルを手に入れる

1.瞬時の判断力を養う

"普段の練習で判断力を養っていく"

――素早く、確実なフィールディングを一つの武器としている浅尾投手。今回は、そのフィールディングに関して、上達するためのアドバイスを教えてください。まず、打球を取ってから送球するまでの“状況判断”は、どのタイミングで下しているのですか?

浅尾選手(以下「浅尾」)  まず、投げる前に、どこに送球すればいいかというイメージは常に持って、投球に入ります。ここはランナーを進められても、確実にアウトを取りに行く場面なのか?それとも、ここは二塁を狙って刺したほうがラクな場面なのか。二塁に投げるのか、三塁に投げるのか、その段階で、ほぼ決めています。
 たとえば、「必ず一塁ランナーを刺しにいく」と決めたときは、バントをされても自分の正面に飛んでくるようなボールを投げる、そして絶対に刺すという気持ちを持って送球しますね。

――場面によっては、ランナーの足の速さや打球のスピードによって、瞬時に対応を変えなくてはいけない時もあります。そんな時のための「判断力」を鍛えるために、日頃どんな練習をすればいいのでしょうか?

「浅尾」  基本的には、「刺す!」と思ったら迷わない。でも、打球を取って、送球しかけても、「無理だ、間に合わない」っていう時もあります。そのタイミングって、パっと振り返ってランナーの位置をみたら分かるんです。そしたら、その塁に投げるのをやめればいいだけなんですけど、そういった咄嗟(とっさ)の判断を下すためには、やっぱり普段の練習が大事ですね。
 こういうのは、実戦でしか養えない感覚なので、シートバッティングで、ランナーがついているときに、ランナーの走力と、自分の球の速さを理解して、いける(アウトに出来る)範囲を確認しながら練習します。その代わり、ランナーにも思い切って走ってもらわないと練習にはなりません。

――その感覚を養うために、練習ではどんなことを意識すればいいのでしょうか?

「浅尾」  実践練習で、まずは刺すって決めたら、とにかく投げてみることですね。そのうちに、感覚が掴めてくるんです。
 このタイミングで振り返って、ランナーがこのあたりを走っていたらアウトに出来るけど、このあたりを走っている時に投げたらセーフになったらから、次はここでは投げない。そういう基準を自分の中で作っていく。感覚を掴んでいく。(練習の中で)失敗することで学んでいきました。

2.素早いハンドリングの上達法

――ハンドリングの上達に、おすすめの練習方法を教えてください。

「浅尾」  例えばゴロを取る動作で考えると、フィールディングの速さに差が出るのが、ゴロを取って握り返るまでの時間。見ていると、これが長い人が多い。ボールの握りを速くする、投げる、この反復練習を重ねることで、もっと速く投げられるようになると思います。
 自分の前にゴロを投げてもらって、取って、握り返して、後ろに投げる。この練習は、僕はプロに入ってから、全体練習が終わって個別の練習時間で繰り返しやっていました。

――ボールを取って、投げる。その際に、体のどこを意識すれば速い動きが身についてくるのでしょうか?

「浅尾」 とにかく、“ターンを速く”ですね。ボールまでダッシュでいって、取ったらすぐ投げる。足の動かし方も何度も練習しましたし、握り返る練習もしました。

【次のページ】 3.ボールへの反応と瞬発力を磨く

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

伊藤拓郎
浅尾拓也(あさお たくや)
  • 生年月日:1984年10月22日
  • 出身地:愛知県
  • 愛知県立常滑北高等学校(現・愛知県立常滑高等学校)-日本福祉大-中日ドラゴンズ
  • 2011年、セ・リーグ最優秀選手賞を受賞。79試合(87回1/3)に登板して、7勝2敗10S。
    また45ホールド(52HP)を記録し、最優秀中継ぎ投手にも選ばれた。
【関連記事】
第6回 「地元選手、そして捕手の獲得を」スポーツライター・小関順二さんが中日ドラゴンズのドラフトを分析!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第86回 清水 達也(中日ドラゴンズ・投手) 聖地の頂点糧に、今度はナゴヤドームで頂点へ【高校野球コラム】
第193回 根尾昂は将来の一流候補はどうあるべきかを教えてくれる選手だった【ドラフト特集コラム】
第193回 ミレニアム世代はそれぞれの道へ!注目選手たちの進路一覧!【ドラフト特集コラム】
第820回 動画で振り返るミレニアム世代のトップランナー!根尾昂(大阪桐蔭)が見せた圧倒的身体能力とひりつくような熱気【大会展望・総括コラム】
第628回 徳島インディゴソックス・大藏 彰人投手(中日ドラゴンズ育成1位指名)挫折を越え、野球愛を叫び、開けた「NPB」の扉 【2017年インタビュー】
第553回 中日ドラゴンズ 荒木 雅博選手(熊本工出身)「理想となるグラブの作り方」【前編】 【2017年インタビュー】
第466回 柳 裕也投手(横浜-明治大)「横浜高時代に取り組んだ猛練習漬けのトレーニング」・前編 【2016年インタビュー】
第401回 中日ドラゴンズ 荒木 雅博選手【後編】「練習では緊張して、試合では気楽に小技を決めよう」 【2016年インタビュー】
第400回 中日ドラゴンズ 荒木 雅博選手【前編】「バント成功の秘訣は『間』と『コース』」 【2016年インタビュー】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー