第88回 聖光学院高等学校 歳内宏明選手2012年01月03日

 本当に野球が大好きな人だ。
 今回、どうしても話を聞きたかったのは、以前、歳内 宏明の言葉に心が震えたことがあったからだ。
興南は研ぎ澄まされた中でやるチームでした。聖光学院も同じ空気なんですけど、興南はどっか太いなって。投げている時は感じなくて、降板して、試合を観ていたら「違うな」って。根性があるっていうか、男らしい。人間として、人として強いなって感じました」

 感性とは経験である、と聞いたことがある。あの試合で彼の感性が広がっていたと感じた瞬間、高校野球が終わった時に改めて野球観を聞いてみたかった。
 斎藤智也監督は1年生の頃の歳内を「まるでロボットが投げているようだった」と言う。始めから完成された人間はいない。すっかり有名な話になったが、チームを想う先輩の行動から涙したことをきっかけに「血の通った人間になった」(斎藤監督)。様々な葛藤の中で学び、身体も心も、大きく成長。目標としていた「全国制覇」はならなかったが、野球を職業にするスタートラインに立った。

高校野球を振りかえって

気合を入れる聖光学院ナイン

――聖光学院での高校野球を振り返るとどうですか?

歳内選手(以下「歳」)  少しずつ、成長できたかなと思います。兵庫から福島に来て、よかったです。
 1年生の時は、ただ投げていただけという感じでした。考えて投げるようになったのは、2年生の春からです。あの時は考えないといけない状況に追い込まれていました。周りの状況的に自分がしっかりしなくちゃという気持ちが強かったので。

――「考える」という言葉が出てきました。それを具体的に教えてください。

「歳内」  配球とかを含めて、投球フォームとか、全部です。「どうやったら上手くなれるんだろう」というのを、やっと本気で考え始めました。特にピッチャーは理屈より感覚的なものが一番、大切だと思うんです。考えて、考えて、感覚をつかんでいくものだと思う。自分の感覚にいろんな人から吸収した感覚を自分のものにしていく。それが、ピッチャーが成長していくということだと思うんです。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。