印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第85回 住友金属鹿島 石田祐介選手2011年10月27日

 入社してから4年間、結果が残せなかった。もちろん、試合にも出してもらえなかった。

 これは現在、社会人野球界で住友金属鹿島のエースとして活躍している石田祐介の話しである。彼の話からは、高校1、2年の球児たちにも参考になるお話がたくさん詰まっていた。

 なぜ、自分は試合で結果を残すことが出来ないのだろう?
 なぜ、自分は試合になると弱気になってしまうのだろう?

 その壁を乗り越えるための方法の1つを今回の先輩・石田祐介が教えてくれた。

【目次】
1 どう自分を変えていけばいいのか、分からなかった3年間
2 「俺はマウンドに上がった時の気持ちは、お前には負けない」
3 1人で閉じこもるだけでなく、周りのメンバーと関わり合う
4 キャッチャーとの会話を大事に

【次のページ】 住友金属鹿島 石田祐介選手(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー