第74回 阪神タイガース 鳥谷敬選手2011年07月28日


仲間と心通わせた高校時代

"良いことも悪いことも、本音を言い合えた"

――鳥谷選手は高校時代は、野手だけでなく投手も兼任していましたよね。

鳥谷選手(以下「鳥」) はい。投手の練習と野手の練習を両立させていました。とは言っても主戦の投手としてではなかったので、少し投げる練習が増えただけですが…。

――投手と野手の練習をこなすのは大変だったのでは?

「鳥」 投手の練習をするようになったのは2年生の春から3年生の夏の1年間ぐらいだったので、大変ではなかったです。元々、自分が2年生になってすぐに、3年生の投手が少なかったので自分が急きょ投手に抜てきされたんです。夏の県大会で何試合か登板したのですが、無理がたたって肩を壊してしまったんです。それほど重傷ではなかったのですが、しばらくまともに練習が出来ない時期もありました。それでも、治療をしながら冬場は走り込みに没頭して体を作って、春にはマウンドに立てるようになったんです。

――投手と野手、二足のわらじを履いて、3年生の夏、念願の甲子園出場を果たしたわけですが、どのような取り組みが生きたと思われますか?

「鳥」 技術的に何がどうだったとか、どのトレーニングが良かったとか、今振り返るとなかなか浮かんでこないんです。夏の県大会…特に3年生にとっては最後の大会。県大会が開幕する直前から学校の施設に全員が泊まり込んで試合に臨んだことが大きかったかもしれません。

――合宿の中で、何かが培われたとか?

「鳥」 うちの高校(埼玉・聖望学園高)は寮生活でなく、全員が自宅から通学していたんです。だから、どれだけ猛練習をしたり、ミーティングで話し合いをしても、終わればすぐ解散していたんです。それが、大会期間中は練習が終わっても、みんな一緒に寝食を共にして、同じ時間を過ごす。それがチームに一体感を生んだような気がします。

――どういう時に、一体感を感じましたか?

「鳥」 試合が終わって、その試合を振り返る時です。いつもなら試合後に球場外でミーティングをして解散していましたが、みんなで泊まり込みをしているので、学校に戻ってからみんなで“あの時はこうだったな”とか、長い時間話し合えたんです。良いことも悪いことも、本音を言い合えたことが良かったと思います。

――心を通わせて、試合を重ねるたびに、強くなっていけたのでしょうね。

「鳥」 夏の県大会は、負けたら終わりですからね。みんなで一緒にいると楽しくて、それが1日1日積み重なっていくうちに県の決勝まで勝ち進んで。技術はいきなり夏前にグッと伸びて変わるっているのはまれだと思うのですが、一体感って、何かきっかけがあれば突然生まれるものだと思うんです。

このページのトップへ