第73回 遊学館高等学校 土倉将、山中将誉選手2011年07月25日


 春季北信越大会で優勝を果たし、この夏も石川大会2連覇を狙う遊学館。エース土倉 将と主砲の山中 将誉を擁して、石川大会を順調に勝ち上がっている。

4番・山中将誉に聞く打撃論

"外の球が届かず打てないので、
後ろで引きつけて"

――長打力が自慢の山中選手ですが、普段のバッティング練習で工夫している点は?

山中選手(以下「山」) インパクトの瞬間に、前のヒザを止めることですね。前足のヒザは絶対に崩さず、動かさないようにしています。そうすると、ボールが見えた軌道と同じ軌道でバットが振れる。前のヒザがぶれると、目線もぶれて正確な上体で打てないので、そういう点を最近は常に意識しています。

――ボールを捉えるポイントの位置は?

「山」 ポイントを前だけにして打っていたら、外の球が届かず打てないので、後ろで引きつけて打っています。そういう練習をしていくことで、外の球を当てにいくんじゃなくて、しっかりと踏み込んで打てるので、体が向いている方向であればどこでも捉えることができます。

――外の球を打つことを苦手にしている選手も多いですが、すぐに習得できるものでしょうか?

「山」 やはり習得するまでには時間がかかりましたね。先ほどお話ししたポイントで練習を重ねていくのですが、僕は中学時代は、外の球を全く打てなかったけど、山本先生の指導のもと練習をやってたら、引きつけて打つことが出来るようになった。中学時代の頃のように、片手でボールを当てるだけじゃなくて、レフトオーバーとかレフトへのフェンスオーバーのバッティングに変わりました。

 それが出来るようになったのは、3年生の春の県大会前ですね。これが習得できてからは、どこのバッターにも負けないようなバッティングができるという自信につながりました。これは僕だけでなくて、チーム全員が徹底してやっていることです。

――ここ最近も調子が上々の山中選手ですが、何かきっかけとなるものはあったのでしょうか?

「山」 実は、春の大会では3割いっているか、いっていないかの打率でした。最近も6月までは全然打てなくて、結構不安でしたね。それでも、不安だったけど、不安になっている暇もなかった。山本先生からのバッティング指導もあって、先ほどの「右のヒザを止める」。これを意識してから、下半身から上半身につながるようなバッティングに変わって、きれいなスムーズなフォームで打てるようになって、調子を取り戻しました。

――冬の間もずっと取り組まれていた「骨盤の動き」も、ここで生かされたのでしょうか?

「山」 そうですね。バッティングでも骨盤を使うので、ここが硬かったらやっぱり動きもスムーズに出来ないと思うんです。あと変化球もあるじゃないですか。真っ直ぐを待っていて変化球とか、変化球を待っていて真っ直ぐとか。それに対応するために、低めのボールきた場合は骨盤を落とすとか、そういう動きにもつながっているので、冬場意識して取り組んだことはかなり大きな効果として出ていますね。

このページのトップへ

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。