第71回 千葉ロッテマリーンズ 大嶺祐太選手2011年07月21日


 06年、沖縄の石垣島から、春・夏連続で初の甲子園に出場した八重山商工。当時のエース・大嶺祐太は、春のセンバツでは17奪三振、夏は最速151㌔をマークするなど話題をさらった。そんな大嶺に、最後の夏の地区予選。そして甲子園での思い出を語ってもらった。「もうマウンドに上がりたくない」と、自信をなくした夏の甲子園の舞台。そんな大嶺に勇気を与えた一言とは?

【目次】
■ライバルを破った夏の準決勝
■智弁和歌山戦の前夜の約束
■道具のこだわり

 

ライバルを破った夏の準決勝

"最後は『楽しもう』っていう気持ちで"

――高校3年生、最後の夏の地区予選。一番思い出に残ってる試合は、どのカードでしょうか?

大嶺選手(以下「大」) 小さな島から春は甲子園に出て勝ったということで、夏も甲子園に行って当たり前という雰囲気がありました。それでも夏は、春と違って1つのミスが本当に命取りになる。もちろん、プレッシャーは大きかったですが、試合で誰かがミスしたら、他の仲間がうまくカバーして今までにないほどのチームワークで戦うことができました。
 とくに、浦添商との準決勝はハッキリ覚えています。みんなこの1試合に3年間を賭けていましたから。実はこれまで浦添商に、僕らは3年間で1度も勝ったことがなかったんです。

――これまで乱打戦の末、浦添商に敗れてばかりいた八重山商工でしたが、夏の準決勝では1対0の投手戦でついに白星を挙げるのですよね。

「大」 浦添商に勝ったあとの決勝戦は、もうみんな気力も体力も使い果たしていました。だから、決勝の中部商戦は『何とかなるだろう』って。最後は『楽しもう』っていう気持ちで試合に挑んでいましたね。

――大嶺投手は、決勝戦では9回3失点で見事、優勝投手となりました。春に通じて、2度目の甲子園。どんな印象を受けましたか?

「大」 僕は沖縄商が甲子園で優勝したときから、ずっと憧れていた舞台だったので、まさか春夏通じて、甲子園のマウンドに立てるとは思いませんでした。

――夏の甲子園では、どんな思い出が残っているのでしょうか?

「大」 春は納得のいくピッチングが出来ましたが、最後の夏の甲子園は調子が悪かったんです。球速も出なくて、真っ直ぐを投げても空振りやファールもとれない。点数も取られたし、初戦の千葉経大附戦の最中に、正直もうマウンドに上がりたくないって思ったほど苦しかった。
 それで、2回戦の松代戦では先発を外されるんです。でも終盤に、抑えでマウンドに送られるんですが、また点数を取られる。完全に自分のピッチングに自信をなくしていました。

このページのトップへ