【目次】
■将来にむけた土台作り
■長打力をつくりあげたトレーニング
■名門・横浜高校で学んだ休養の必要性
■高いパフォーマンスを維持するために

名門・横浜高校で学んだ休養の必要性

"身体を休める時は休めて、やる時はやる"

――中学時代に学んできたことと、今やっている、逆方向というテーマはつながってきているような気がしますか?

「筒」 小学校の時はガムシャラに野球が好きで、練習もたくさんしたと思うし、それはそれで良かったなと思うのですが、野球人生が変わったなと思ったのは中学生ですね。

――中学時代について詳しく教えてください。

「筒」 今も体操をずっとやっていますし、体操が重要だというのは変わりません。小さい時から怪我をしてしまったら、本当に意味がないと思います。高校になっても無理しすぎることによって将来に響く。若い時は気付かないと思うんですけど、年齢を重ねて野球をやっていくうちに、昔やっていたことの意味が出てきました。僕の場合は、中学生の時に結果だけを求められずに無理をせずにやってくださったことが良かった。今につながっていると思っています。

――中学生の時点で、結果を求めずにやるって、結構、難しいことだと思いますが、打ちたいとか思わなかった?

「筒」 1年生の間は打ちたいと思っていました。けど、ずっとそう言われてきたんで、指導者の方が言うことの意味が理解できるようになってからは冷静に判断できるようになりました。今だけを求め過ぎずに、これから高校生になって野球を続けていくことになるんで、先のことに重点を置いてやれました。

――特に重要に思っていたことは?

「筒」 土日の練習だけが一番大事じゃなくて、日頃の私生活とか、すべてが野球に影響してくるということです。「野球のためなら」という気持ちで取り組みました。勉強にしても、高校のこともあるので大事に思っていましたし、遊ぶ時間を削ってでも、矢田先生から教えていただいた体操をすることを大事にしてきました。練習をすることも大事ですけど、特に体操については、しっかりやっていた方が野球は上手くなるという実感があります。

――でも、横浜高は名門校ですし、結果を出さなければいけない。結果を求められてブレたりしませんでしたか?

「筒」 やっぱりブレましたね。ただ、高校の厳しい中でやれたっていうのは大きな財産になりました。中学3年間の貯金が自分にあったんで、高校3年間を怪我もなくやりきれた。ただ、逆にいえば、去年は貯金はなくなっていたに等しい状態だったので、これからはしっかり体操をして、貯金を作っていかないといけないと思う。

――筒香選手にとっては、筋トレよりも体操っていうのはかわらないんですね?

「筒」 今でも、ガンガンやる筋力トレーニングは必要ないと思っています。体操でどれだけ小さい選手でも、力がしっかり伝われば、強い打球が打てるということも分かりました。自分の力の伝え方が理解できてきます。上になればなるほど、中学時代から教わったことの大切さがわかってきました。

――筒香選手から、中学、高校生にアドバイスをするとしたら、どんなことがありますか?

「筒」 ただ練習だけをやったら上手くなるということではないということです。休むことの重要性もありますし、身体を休める時は休めて、やる時はやる。身体の休養をとる重要性もある。身体が疲れたままやっても、身につかないですし、怪我をする要因だと思う。結果だけ欲しがらず、野球以外の私生活の面からしっかりやって欲しいですね。私生活からしっかりしている選手の方が野球は上手くなっていくと思う。

このページのトップへ