印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第69回 横浜ベイスターズ 吉村裕基選手2011年06月28日


 02年、東福岡から5巡目で横浜ベースターズに入団した吉村裕基。高校時代は、持ち前のパワーで通算43本塁打をマーク。高校1年次からベンチ入りを果たすと、2年生春に出場した第73回選抜大会では4番・ファーストで、8強入りに貢献。最後の夏は、甲子園出場は果たせなかったものの、高校時代に得たもの全てが、現在の吉村を形作っているという。今回は、そんな吉村から「主力の役割」を学びます。

【目次】
■控えの選手のためのプレーを
■飛距離アップ&縦の変化球を打つコツ
■チャンスの場面でいつも通りのスイングをするには?


控えの選手のためのプレーを

"高校野球は、全員で戦うもの"

――1年生の頃からレギュラーで試合に出ていた吉村選手ですが、主力選手として、どのような思いを持って日々の練習や試合に臨んでいたのでしょうか。

吉村選手(以下「吉」) 僕は入学してすぐに試合で使っていただいて、遠征にも連れていっていただいていました。それでも、当時は下級生の仕事はたくさんあって、遠征から帰ってきてもバス掃除をしたりしてましたね。

今でも覚えているのが、高校時代の監督さんは、野球部にお土産や差し入れをいただくと、まず下級生たちから食べさせるんです。『縁の下の力持ちから食べろ』と言って、常日頃から僕らは裏方の役目を大事にするという教えを受けていたので、自分が試合に出ていても、試合に出ていないバッティングピッチャーや控えの選手たちの動きはいつも気にしていました。

そういう選手たちがいてくれるからこそ、僕らは試合でしっかりと結果を出すことが、役割であり大事になってくる。高校野球は、全員で戦うものですから、他の選手や同級生のことも考えながら、みんなの思いを背負ってプレーをしていました。

――吉村選手が2年生の時にセンバツでべスト8。新チームになってからも、順調に結果を残していたようですが、最後の甲子園をかけた夏は、どんな大会となったのでしょうか?

「吉」 僕らの代は県大会に行く前に負けてしまいました。福岡県は学校数が多いので、北部と南部で分かれて予選を行うんですけど、その3回戦、先発投手は僕だったのですが、1対2で負けました。仲間の選手が初回に先頭打者ホームラン打ってくれて、このままいけるかなと思ったんですけど、そこから打てなかった。僕ら試合に出てたメンバーも、こんなに早く負ける訳がないと思ってたんで、ベンチに入れなかった仲間たちには、本当に申し訳ないって気持ちでした。

――もしあの頃の自分や仲間たちにアドバイスが出来るなら、どんな言葉を掛けたいですか?

「吉」 僕らの代は、前年に甲子園を経験したメンバーが4人ほどいたんですが、周囲からは『弱い弱い』と言われ続けてきたんです。その辺りで、いい意味で『俺たちも必死にやってきたんだ』『俺たちは強い!』って、周りの声を気にせずに、自信を持ってやっていたらよかったのかな。秋や春も大会で優勝したり、結果は残してきてたはずなのに、周りからそうやって言われて、自分たちは弱いと思ってしまっていたんですよね。

『もっと元気出して、自信持ってプレーしろよ』

って声を掛けたいですね。そういう気持ちがあったら、もっといいところまで勝ち上がっていけたんじゃないかな。

"野球選手でいれることは、いろんな方々のおかげ"

――吉村選手のグラブには、「おかげさま」という文字が入っているのですね。

「吉」 そうなんです。他にも、『心』と『ありがとう』という文字を入れています。今、野球選手でいれることは、いろんな方々のおかげ。今までの高校時代の仲間たちもそうです。また、親や周りの人々、ファンの方々のおかげで今の自分がいる。

プロ野球の世界では、高校野球と違って“チームメイト”って感じではなくて、人によっては一ライバルになりますが、その中でも普段から顔を合わせるってことは、人それぞれ何かしらお世話になっていると思うんです。だから、『おかげさま』という気持ちを僕は大事にして、グラブに刺繍を入れています。

――今、使われているグラブはかなり使い込んでいるようですね。

「吉」 今はミズノのグローバルエリートを使っていますが、これは皮が良くて長く使えるグローブなんです。僕は1つのグローブは長く使いたいので、グラブ職人さんとよく話しをします。自分が使いやすいように、職人さんに色々とアドバイスしてもらうことは多いですね。

以前は内野手だったので、ミズノのファーストミットも4~5年は使っていました。今は外野手になって、ファールギリギリで取れるかどうかの球際が大事になってくるので、少し大きめのグラブになりましたが、それでも軽さは常に追求してグラブを選んでいます。

【次のページ】 横浜ベイスターズ 吉村裕基選手(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

吉村裕基
吉村裕基
  • 生年月日:1984年06月14日
  • 出身地:福岡県古賀市
  • 東福岡高等学校-横浜ベイスターズ
  • 東福岡高校時代は通算43本塁打。02年、ドラフト会議にて横浜ベイスターズに入団。06年、打撃好調でチームの主力として急成長。
    以降村田修一、内川聖一ともに右打者のクリーンナップとして他チームの脅威とされている。
【関連記事】
第226回 高卒選手に最もチャレンジしているのはヤクルト・楽天?!過去10年の高卒1位競合選手から見るドラフト【ドラフト特集コラム】
第77回 松坂世代の現在 現役を続けている選手 指導者になった選手【高校野球コラム】
第193回 ミレニアム世代はそれぞれの道へ!注目選手たちの進路一覧!【ドラフト特集コラム】
第26回 松坂大輔が甲子園を席巻して、横浜が春夏連覇を果たした世紀末の1998年【高校野球ヒストリー】
第87回 高いレベルで新旧の勢力が入り乱れ、群雄割拠状態が続く【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第694回 金光 雄紀(東福岡)「一流」から学び「一流投手」への道進む 【2018年インタビュー】
第437回 内川 聖一(福岡ソフトバンクホークス) 「自らの弱さと向き合うことで、もっと強くなれる」【後編】 【2016年インタビュー】
第436回 内川 聖一(福岡ソフトバンクホークス) 「日本一の安打製造機が語る、野球選手としての『あり方』論」【前編】 【2016年インタビュー】
第386回 埼玉西武ライオンズ 木村 昇吾選手「レギュラー入りするために。もう一度、自分を見つめ直そう」 【2016年インタビュー】
第370回 東北楽天ゴールデンイーグルス 藤田 一也選手「名手を支えるグラブのこだわり」 【2016年インタビュー】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
土肥義弘のケガをしない!勝てる投手育成講座
東福岡 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー