第68回 埼玉西武ライオンズ 片岡易之選手2011年06月20日


 50メートル6秒3。

 プロ野球界の中でも、決して「超俊足」というわけではない。しかし、埼玉西武ライオンズ・片岡易之は、一軍でレギュラーを獲り活躍するために、プロ入り後は、走塁技術を磨き続けている。そして、昨シーズンは59盗塁をマーク。ここ4年連続で『盗塁王』の座を掴んでいる。その実績こそ、片岡がこれまで走塁技術を高めるために、どれほどの工夫を凝らしてきたのかを物語っている。

【目次】
■走れる選手を目指した理由
■盗塁成功のポイントを伝授!
■ベストパフォーマンスを常に発揮するために
■甲子園を決めた瞬間の感動


走れる選手を目指した理由

"1軍に残れるかどうかという境目で"

――なぜ、打撃・守備にプラスして、走塁技術も高めていこうと考えたのですか?

片岡選手(以下「片」) 僕はプロ2年目のシーズンが始まったとき、1軍に残れるかどうかという境目でプレーしていました。その時に、何かをしなきゃいけない、何かでアピールしないといけないと考えた時に、ちょうどオフシーズンの間に、トレーナーから走塁の技術を教わっていたので、さらにそれを伸ばしていこうと思いました。走るのが特別速かったからではなく、1軍に残るために取り組んだことです。

――そう決意するための、きっかけとなる試合があったのですか?

「片」 プロ入り2年目にオープン戦が始まると、当時の伊東監督から「ノーサインで走っていいぞ」と言われて、代走で1度途中出場したんですけど、その際に初球から走ったんですよね。それが、そんなにスタートも良くなかったので『アウトだ』って思ったらセーフになったんです。その時に、オフシーズンにトレーナーと取り組んだ自主トレの成果かな、1年目のときと感覚が違うなと感じたんです。あのタイミングでセーフになるんだったら、もっと走れるかもという気持ちになったのがきっかけです。余計な動きが省けて、スムーズに脚が動いていたんですね。

――オフのトレーニングでは、どのように走り方を修正したのですか?

「片」 これまで、自分で映像を見ていても走り方がかっこよくないなって前から感じてはいたんです。かといって、どうやったらかっこよく見えるのかってところまでは、行き着かなかった。それをトレーナーからは、『状態の横ブレをなくすように』と、まず言われました。これが一番のロスなんだと。陸上選手のように、真っ直ぐ走れるように。それを意識していきました。