印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第65回 福岡ソフトバンクホークス 和田毅選手2011年05月29日


 福岡ソフトバンクホークス、和田毅。言わずと知れた日本球界を代表する左腕である。独特のフォームから繰り出される精度抜群のボールを投げ込み、昨季は自己最多の17 勝をマークし、最多勝とMVPに輝いた。島根県立浜田高時代は、2 年夏にエースとして甲子園出場を果たすと、翌年夏の甲子園ではベスト8 に進出。早稲田大学に進学後も東京六大学リーグで通算27勝を上げるなど、日本中にその名を轟かせた。その輝かしい成績だけをみると順風満帆なアマチュア時代をイメージできる。

 しかし、ケガという逆境を乗り越えての甲子園ベスト8 、大学入学後1ヶ月半で急激にアップした球速など、苦悩と努力を重ねてきた。そして彼は、常にひたむきさを忘れなかった。だからこそ、プロ入り後、球界を代表する左腕になっても、ひたむきさを忘れないその姿で、人々に勇気を与えてくれるのだろう。 

 今回は、スキンズプロデュースのインタビュー第一弾として、そんな和田投手に「スタミナ」をテーマにお話しを伺いました。

【目次】
■高校時代を振り返って
■大学時代を振り返って
■今シーズンについて


高校時代を振り返って

"高校時代は、とりあえず、毎日走っていました"

――練習での取り組み方で、これがよかったということがあれば、教えてください。

和田選手(以下「和」) 高校時代は、とりあえず、毎日走っていましたね。常に走っていたイメージがあります。当時は、外野も兼任していたので、ピッチングとバッティング以外の時には基本的には外野をずっと走っていました。それが終わった後も、野手と一緒に交じってベースランニングなどをやっていたので、スタミナという面では、それが絶対、後に繋がったと思いますね。

――逆にもっとこうすればよかったということはありますか?

「和」 ウエイトトレーニングに関しては、無頓着というか、どういうふうにやっていいのか全く知らなかったので、ほとんどやっていなかったですね。あとから考えると高校の時からトレーニングの知識を身につけていればもっといいボールが投げられたんじゃないとか思います。高校2年秋に左の上腕三頭筋をケガ(一部断裂)しているのですけど、体のケアに関しても自分の知識があれば、ケガを防げたかも知れなかったかなとか思います。

――ケガ(上腕三頭筋)をしてからは、どんな練習をしていましたか?

「和」 腕(利き腕)を固定していたのでボールも投げられず、バッティングもできなかったので、走ることだけ。それも腕を振らずに歩いたりとか走ったりとかの状態だったので、昔でいう空気椅子とかタイヤを引くことなどの下半身の強化しかできなかったですね。

"「絶対治るんだ」という気持ちで"

――そんな状態の中、当時の今(5月中旬)の時期は、どういう気持ちで練習をしていましたか?

「和」 とりあえず、夏の大会に腕が間に合うかなっていう状態だったので、「間に合ってくれ」という思いで練習していました。5月くらいからキャッチボールができるようになりましたが、外野を守りながらでもそんな思い切り投げられなかったです。それでも僕の場合は、運よく間に合うことができたのでよかったですが、ちょうど今、ケガを抱えている高校球児もいると思うので、しっかりと自分を見失わずに「絶対治るんだ」という気持ちでやってほしいですね。

――やっと間に合ったという状態で、夏の大会に挑んだことになりますが、どうでしたか?

「和」 夏の予選までは、外野手として試合に出たりしていましたが、ピッチャーとしては全然投げていなかったので、(2年秋に)ケガをしてからその夏が、実戦初登板となりました。予選(島根大会)では、全試合を先発で投げているのですけど、僕自身もまだ調子が悪かったのでリリーフしてくれた同級生のピッチャーがしっかりと抑えてくれたり、打つ方でも周りがたくさん打ってくれていましたので、本当にみんなに助けられましたね。

――久しぶりの登板が、いきなり夏本番ということで、緊張とか焦りはなかったですか?

「和」 緊張はもちろんありましたけど、焦りはなかったですね。当時のメンバーで普通にやれば、甲子園に絶対行けると思っていたので、僕らの力をしっかり出せれば、負けることはないと思って試合をしていました。

【次のページ】 福岡ソフトバンクホークス 和田毅選手(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

和田毅
和田毅
  • 生年月日:1981年02月21日
  • 出身地:島根県出雲市(愛知県江南市生まれ)
  • 島根県立浜田高等学校-早稲田大 卒
  • 02年ドラフト自由獲得枠で福岡ダイエーホークス(現福岡ソフトバンクホークス)に入団。
    杉内俊哉とともに、ホークスのダブルエースとして活躍を続けている。
【関連記事】
第78回 150キロ右腕から強肩強打のスラッガーへ。福岡ソフトバンク・小林 珠維(東海大札幌出身)を変えさせた2年夏のベンチ外【恩師が語るヒーローの高校時代】
第76回 生かす殺すも自分次第。福岡ソフトバンクが誇る神足・周東佑京(東農大二出身)を変えた大学4年間【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1116回 剛速球右腕・甲斐野央(福岡ソフトバンク)が振り返った激闘の1年目。2年目の目標達成のために掲げた3つの課題 【2020年インタビュー】
第10回 沖縄で着実に受け継がれる甲子園のDNA【沖縄の高校野球】
第94回 多摩大聖ヶ丘時代に通算38発を放ったソフトバンク・福田秀平がFA宣言【高校野球コラム】
第8回 「育成力を武器に将来の主軸候補を」スポーツライター・小関順二さんがソフトバンクのドラフトを予想!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第986回 成長を刻み続ける四国の「TAIKI」石上 泰輝・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
第983回 豪快かつ緻密な「二刀流」!村田 龍哉投手兼三塁手・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
第909回 スパイクは「自分の身体を正しい方向に導くツール」 千賀滉大(福岡ソフトバンクホークス)【後編】 【2019年インタビュー】
第907回 「地面を感じる」が好投の秘訣 千賀滉大(福岡ソフトバンクホークス)【前編】 【2019年インタビュー】
浜田 【高校別データ】
浜田商 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー