第33回 中日ドラゴンズ 平田 良介選手 2009年07月10日


2005年夏、高校野球界の注目は大阪に集まっていた。

「浪速四天王」
辻内崇伸 大阪桐蔭-巨人)、鶴直人( 近大附-阪神)、平田良介( 大阪桐蔭-中日)、岡田貴弘履正社 -オリックス)の4名の総称である。その年、彼らは大阪の高校野球だけでなく高校球界の注目のスターであった。そして4人とも高校生ドラフト1位でプロの門をたたくのである。
今回の独占インタビューは現在、プロの世界で必死に頑張る4人を取材。高校時代から現在までを語ってもらった。


平田良介選手 インタビュー

氏原(以下「氏」) プロに入って、4年目に突入しました。今はどんな心境で野球に取り組んでいますか?

平田選手(以下「平」) だいぶ、プロ野球に慣れてきて、なんといいますか、「社会人として」というのがだいぶん、身についてきたと思います。

「氏」 プレイヤーとしてはどうですか?

  

「平」 高校の時にやっていなかった、配球を読むだとか考えるようになりました。

「氏」 高校までは感覚で打っていたのが、変わって、読んでできるようになったと?

「平」 できるっていうことではないんですけど、考えるようにはなりました。

「氏」 今、平田選手の置かれている立場としては、レギュラーへの当落線上だと思いますが?

「平」 しっかりやることをやれば、(レギュラーを)取れると思うんで、しっかりやって結果さえ残せばと思っています。だから、今はそういう位置にいるんで、しっかり結果を出さないといけないなと思います。

「氏」 この3年間は、どんな3年間でしたか?

「平」 1、2年目はほとんどケガだった。3年目から一軍にいる時間も長くなったし、1軍と2軍というだけで全然違うと思うんです。一軍でやって本当のプロ野球っていうか、それを味わえたっていうのがこの3年間はいい経験になっていると思います。

「氏」 ケガっていうのは、肩のことですか?

「平」 手術まではしていないんですが、投げられなかった。こういう風に投げたいのになって言うイメージと、全然違うボールがいっていて苦しみました。今は、イメージどうりにできています。

「氏」 入団してからケガがあって、入る前に想像していたプロ野球の世界、やはり違いました?

「平」 う~ん、自分がプロ野球でどういう感じになるかっていうのを想像してはいなかったんで、なんとも言えないんですけど、プロ野球って大変だなって思いました。

「氏」 例えば、どんなところがですか?

「平」 「いち社会人として」という部分ですね。礼儀作法とか、高校の時は知らなかったことがあったので。

「氏」 礼儀という部分では 大阪桐蔭 もしっかりしていると思いますが?

「平」 もちろん、悪くはないんですけど、高校生では分からないこととかあるじゃないですか。お酒の場とか、食事とか、それに慣れるのが大変でした。

「氏」 野球の技術の方ではいかがですか?

「平」 ボールがすごく速いなと感じました。 高校の時も速い球を打っていましたけど、キレが違うなと思いました。

「氏」 今ではついていけるようになったですね?

「平」 まだまだ、しっかりはついて行けていないんですけど、打てるようにもなってきたと思います。今年からクリーンヒットも多くなってきているので、慣れてきたんかなと思います。

「氏」 平田選手は、2年目に日本シリーズの最終戦で、ダルビッシュ選手から決勝打を打ったり、昨年はサヨナラ本塁打を打ったり、高校の時から(1試合3本塁打)活躍が派手ですよね?

「平」 なんなんスかね?自分ではよく分からないんですけど、派手に活躍できることはいいことだと思うので。

「氏」 日本シリーズでの決勝犠牲フライは、自信になったでしょう?

「平」 ダルビッシュさんから打ったやつですか?自分としては自信にはならなかったです。やっぱり、自分でこういう風に打ちたいと思って打ったんじゃなくて、たまたま出したバットが当たったという感じでしたからね。自信とまではいかないですよ。

「氏」 高校の時から、変えたことはありますか?

「平」 ステップとか、タイミングの取り方とかを変えました。

「氏」 高校の時はアウトステップだったと思いますが、どういう風に変えたんですか?

 

「平」 ステップはスクエアにして、で、僕の高校の時の打ち方というのは金属打ちだったと思うんで、だから、木製に対応できる打ち方を心掛けて行きました。