第32回 読売ジャイアンツ 辻内 崇伸選手2009年07月01日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

2005年夏、高校野球界の注目は大阪に集まっていた。

「浪速四天王」
辻内崇伸(大阪桐蔭-巨人)、鶴直人(近大附-阪神)、平田良介大阪桐蔭-中日)、岡田貴弘履正社-オリックス)の4名の総称である。その年、彼らは大阪の高校野球だけでなく高校球界の注目のスターであった。そして4人とも高校生ドラフト1位でプロの門をたたくのである。
今回の独占インタビューは現在、プロの世界で必死に頑張る4人を取材。高校時代から現在までを語ってもらった。


高校入学に関して

巨人 辻内崇伸選手 ~怪我を通じて考える練習にシフト。現在は段階を踏んで成長中!今後のブレイクに期待!!~



スタッフ(以下「ス」) 大阪桐蔭への進学した理由はなんですか?

辻内選手(以下「辻」) 最初は大阪桐蔭か地元の県立高校に進学するかでどっちにするかで悩みましたね。 
自分は一年から試合に出たかったというのがあったのです。だから自分の中では地元の高校に行きたかったのですが、ただ、同時にプロになりたいという夢もありました。
両親と指導者との相談した結果、プロに行くなら私立の大阪桐蔭に行った方が良いとの判断で決めました。だから進学する時はプロになるんだという気持ちで進学しましたね。

このページのトップへ


入学してみてから

最初は雑用ばかりでした。同じ一年の平田(現、中日)だけが唯一練習に参加しているのを見て羨ましかったですね。一年はグランドさえも入れませんでしたから。グランドの外で草刈りとかをずっとやっていました。3年にならないとグランドに入れないかなと自分では思っていました。

このページのトップへ


【次のページ】 読売ジャイアンツ 辻内 崇伸選手(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

辻内崇伸選手
辻内崇伸選手
  • 生年月日:1987年12月5日
  • 出身地:奈良県
  • 大阪桐蔭
    第87回全国高等学校野球選手権大会出場。2回戦の藤代高校戦で大会タイ記録の19奪三振を記録。ベスト4進出。大会通算史上3位の65奪三振を記録。
  • 2005年読売ジャイアンツに高校生ドラフト1位で入団
【関連記事】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第66回 史上初の二度目の春夏連覇を導いた西谷監督が語る大阪桐蔭に必要な2つのマインドから見える一流選手になる条件【名将たちの言葉】
第1102回 目指せ世代ナンバーワン左腕&辻内崇伸超え!大型左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)の育成計画【後編】 【2020年インタビュー】
第1101回 最速146キロの大型左腕・松浦慶斗はなぜ旭川を飛び出して大阪桐蔭を選んだのか?【前編】 【2020年インタビュー】
第1100回 伸び盛りの二刀流・仲三河優太(大阪桐蔭)が目指すは投打での大活躍! 【2020年インタビュー】
第1100回 大阪桐蔭の左腕エースでは田中誠也以来の実力派・藤江星河を覚醒させた「内角攻め」と「チェンジアップ」 【2020年インタビュー】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第72回 「気持ちの強さ、フォーム、腕の振り、全てで他の選手より優れていた」恩師が語る山本拓実(中日ドラゴンズ)【前編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
辻内 崇伸(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー