第31回 横浜ベイスターズ 工藤 公康選手(後編)2009年04月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第31回独占インタビューは今年でプロ28年目を迎える工藤選手です。

工藤選手は「考える力こそ最強の武器」とおっしゃっています。

普段からどんな事を考えながら野球をしているのか?独占インタビューしてきました。


体の使い方を知る02

スタッフ(以下「ス」) 工藤さんが体の本質を理解しようと思ったきっかけはなんですか?

工藤選手(以下「工」) きっかけは筑波大学で筋力測定をして、体について少しずついろいろと勉強し始めた時ですね。また結婚して妻が栄養関連に従事していたこともあって、僕はトレーニングや人体について知りたいと思うようになっていきました。そして、NHKの人体特集をみたりとか人類の誕生特集をみたり、そういうディスカバリーチャンネルを見たりして勉強しましたね。

僕の場合、言葉で書いてあるだけだと理解しづらいのですが、映像とそれに対する言葉や解説があると理解しやすいんですよ。普段から打者の映像を見ながらスコアラーの情報を聞いており、その方が頭に入りやすいので、そうやって勉強しました。また統計をとって、小さいデータを沢山集める事で仮説をたてていくことが好きですね。トレーニングの本もたくさん読みましたけどね。

ただ、何が大事か、どこが大事かは言えますが、どのトレーニングが良い

かは決められません。股関節、体幹、インナーだとか、どこを鍛えればいいかは言えます。だけど、どう鍛えるかはその本人によりけりです。

 その本人に適したものをやらなければいけないのですね。

 いや、適したものが何かを見つける為にトレーニングをするのです。これはいまいちだとか、これは一つだと使えないけど、あれを組み合わせれば使えるとかですね。試行錯誤しながらみつけていく感覚です。/p>

このページのトップへ


他のスポーツから考える

 工藤さんは他のスポーツも見て、こういう動きは野球にも生きるのだと考えたりするのですか?

すべてのスポーツに言えますが、見た目がスムーズでないものはどこかに力が入っていると思います。以外と傷害を起こしますよ。ただ、スムーズに動いていても、ぶつかるようなスポーツはすべてケガに繋がりやすいです。だからコンタクトスポーツは本来選手寿命が長くない。寿命が長いスポーツは、コンタクトが少ないスポーツです。だからコンタクトが少ないスポーツに限って言えば、滑らかにスムーズに動いている選手は傷害が少ないものです。

 逆にぎこちないフォームで動いているのをみると、工藤さんにとっては上達のヒントになりえるということですか?

ありえますよ。どこがどう動いてぎこちないのかとか考えます。

このページのトップへ


【次のページ】 横浜ベイスターズ 工藤 公康選手(後編)(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

工藤公康選手
工藤公康選手
  • 生年月日:1963年05月05日
  • 出身地:愛知県
  • 名古屋電気高
    第63回全国高等学校野球選手権大会出場。2回戦の長崎西高校戦でノーヒットノーランを記録。ベスト4進出
  • 西武ライオンズ(1981年ドラフト6位~1994年)
  • 福岡ダイエーホークス(1995年~1999年)
  • 読売(2000年~2006年)
  • 横浜(2007年~ )
  • 獲得したタイトル
    MVP 2 回 ( 1993年 、 1999年 )
    正力松太郎賞 1 回 ( 1987年 )
    最優秀防御率 4 回 ( 1985 年、 1987年 、 1993年 、 1999年 )
    最高勝率賞 3 回 ( 1987年 、 1991年 、 1993年 )
    最多奪三振 2 回 ( 1996年 、 1999年 )
    最優秀投手 1 回 ( 2000 年)
    ベストナイン 3 回 ( 1987年 、 1993年 、 2000年 )
    ゴールデングラブ賞 3 回 ( 1994年 、 1995年 、 1999年 )
  • インタビュー前編
【関連記事】
第5回 無理は禁物だが、連投できることもその投手の強みになる 槙原寛己氏【後編】【甲子園のヒーローに会いに行く】
第53回 内川聖一「猛反対だった高卒プロ入り。そして今、息子に願っていること」【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第52回 内川聖一「とにかく野球が好きだった少年時代 そして病気を乗り越えて」【前編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第437回 内川 聖一(福岡ソフトバンクホークス) 「自らの弱さと向き合うことで、もっと強くなれる」【後編】 【2016年インタビュー】
第436回 内川 聖一(福岡ソフトバンクホークス) 「日本一の安打製造機が語る、野球選手としての『あり方』論」【前編】 【2016年インタビュー】
第15回 内川 聖一選手(福岡ソフトバンクホークス)に聞く!高校時代のゲン担ぎ【きみのゲン担ぎを教えて!】
第12回 守備職人・藤田 一也選手(東北楽天ゴールデンイーグルス)がグラブに3つのポケットを作る理由【プロ野球選手の用具のこだわり】
第386回 埼玉西武ライオンズ 木村 昇吾選手「レギュラー入りするために。もう一度、自分を見つめ直そう」 【2016年インタビュー】
第370回 東北楽天ゴールデンイーグルス 藤田 一也選手「名手を支えるグラブのこだわり」 【2016年インタビュー】
第366回 横浜DeNAベイスターズ 山口 俊投手「僕の用具のこだわり~最高の道具で最高のシーズンに」 【2016年インタビュー】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
土肥義弘のケガをしない!勝てる投手育成講座
名古屋電気 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー