第38回 福岡ソフトバンクホークス 多村 仁志選手2009年11月20日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

メンタル面を鍛え、結果を残す

常にプラス思考で、前に進もうという気持ちでやったことが良かった」
福岡ソフトバンクホークスの多村仁志は、2009年開幕前のオープン戦での怪我の影響で2ヶ月スタートが遅れたが、本線復帰後、打率.282 本塁打17本、長打率.510の成績を残し、ホークス打線の中軸を支えた。
2008年は、骨折のため出場した試合はわずか39試合。再起をかけた2009年の開幕前の怪我は、本人にとってもショックが大きかったはずだ。しかし多村はそこで気を落とすのではなく、「とくかく明るくいこう」とメンタル面を維持し、結果を残した。

多村のパフォーマンスを支えた、UAフットウエア

気持ちを新たにして臨んだ2009年、多村のパフォーマンスを支えたのは彼自身の気持ちだけではない。走、攻、守のすべてのパフォーマンスに直結するスパイクを、アンダーアーマーに切り替えたのだ。道具に強いこだわりを持つ多村の意見は、アンダーアーマーのスパイク開発に反映され、その完成度を高めていった。出来上がっ たスパイクについて、「不安は全くなかった。本当に満足のいくギア」と多村は語る。

多村はスパイクに求める要素としてまず「軽さ」を挙げている。
外野手はシーズン中ベンチとフィールドを最低9往復し、守備時に走る量も内野手に比べて多い。足に重みを感じて疲れたくないのが軽さを重視する理由だ。
「あとはやっぱりここです」。多村はスパイクの歯を指し、こう続けた。「まずは親指がしっかりと踏ん張れるということで、親指の近くに歯の位置を変えてもらいました。そして母趾球(親指の付け根のふくらみ部分)-走るにしても打つにしても、やっぱりここが一番大事なので、この形状というのは、僕には最高に合っています」。
多村の言う「この形状」とは、母趾球下部分に長さの異なる歯を円形に配置した“UAローテーショナルトラクション”である。
「今までのスパイクは普通に歯がついているだけでしたが、この形状は一歩目を踏み出すときに凄く力が入る。この部分の歯をうまく使えることで、こんなに力が伝わるのが不思議」。
野球は守備も打撃も下半身の力を上半身に伝えるスポーツであり、その起点となる母趾球からパワーをロスせずボールに伝えることは、選手にとって大きなアドバンテージとなるのだ。

アンダーアーマーのスパイク、そして今までにないこの独特の歯の形状は、多村のチームメイトの関心も引いた。「まだ日本にないものなので、皆『それは何だ?』と。そして手に持った時の軽さ、歯の形状に驚き、履いてみたいとも言っていました。日本人は道具にうるさいですから、チームメイト達にも響いていたようです」。

踏み込んだ感覚は、履けばわかる

2009年12月にいよいよ発売となるアンダーアーマーのスパイクは、これら多村のリクエストを反映させた仕様となっている。アメリカのダイナミックなプレースタイルと日本の緻密なプレースタイルが、見事に融合した日本オリジナルのプロダクト。多村は発売を待つ選手に向けて、こうコメントしている。
「軽くて疲れにくいのはもちろん、母趾球部分の踏み込んだ感覚は、履いてみれば分かります。あとやっぱり格好いいですよね」。
多村は、ユニホームの下をすべてアンダーアーマーで身を包んでいる。「僕はプロ野球選手である以上、常に進化していかなければいけないんです。そして1年でも長くフィールドに立って、プロ野球ファンの皆さん、野球をはじめた少年少女の皆さんに夢と感動を与えるプレーをしていきたいです。そのためにもアンダーアーマーと一緒に戦い、進化していきたいと思います」。
2009年、日本一という目標は惜しくも逃したが、ホークスの中軸を担うという自覚とともに、改めて頂点を目指す多村の挑戦に注目したい。



多村選手の動画インタビューはこちら

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

福岡ソフトバンクホークス 多村 仁志選手
福岡ソフトバンクホークス 多村 仁志選手
  • 生年月日 1977年3月28日
  • 出身地 神奈川県
  • 横浜高校
    3年時は春夏甲子園に出場。
  • 1994年ドラフト4位で横浜ベイスターズに入団
  • 2004,2005年は2年連続3割30HRを記録
  • 2006年第一回WBC日本代表選出。世界一に貢献。
  • 2007年福岡ソフトバンクホークスに移籍
【関連記事】
第1116回 剛速球右腕・甲斐野央(福岡ソフトバンク)が振り返った激闘の1年目。2年目の目標達成のために掲げた3つの課題 【2020年インタビュー】
第996回 日大藤沢、慶応義塾など春、夏に躍進が期待できるチームたち【後編】【大会展望・総括コラム】
第992回 スラッガー揃いの東海大相模、総合力の桐光学園、ポテンシャルの横浜など神奈川ベスト8の戦力を紹介!【大会展望・総括コラム】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第1回 古豪復活に選抜での金星 香川県高校野球3大ニュース【香川の高校野球】
第11回 「沖縄全体で強くなっていこう」という、指導者たちの強い意志【沖縄の高校野球】
第1057回 高校時代は藤平・石川に隠れる存在だった北山比呂(日本体育大学)はいかにしてプロ注目右腕になったのか? 【2019年インタビュー】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第996回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
第986回 成長を刻み続ける四国の「TAIKI」石上 泰輝・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
相模向陽館・横浜旭陵 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
横浜緑園・横浜明朋 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー