第30回 信濃グランセローズ 竜太郎 選手兼コーチ2009年03月12日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第30回独占インタビューは信濃グランセローズの選手兼コーチの竜太郎さんです。 NPB・BCリーグで共にプレイヤーを経験されている選手です。そんな竜太郎選手兼コーチから見たNPB、独立リーグについて話を伺ってきました。


教えることによって自分のプレーにどんな影響が?

【高校時代を振り返り01】

誰がどうとか、周りのことは考えずに、ただ必死にやってましたね。練習終わっても、寮でバット振っていました。

竜太郎コーチ兼選手(以下「竜」)  やはり、言った人が試合に出て見本を見せないといけないというのは結構なプレッシャーですよね。常に成績を残さなければならないっていうのはあります。

スタッフ(以下「ス」) 自分が見本を見せるという事は教えている内容に忠実でなくてはならない。

 ただ、そればかりを考えてたら、人には教えられなくなると思います。


基本的に全部を頭ごなしに教えるのではなくて、まずどういうふうに取り組んでいるのかを聞きます。そして一緒になって、「自分はこういったことを経験してきたけど、やってみたらどうだ。」と言うなど、また違う方向(こういう取組み方はどうだ?という感じ)でアドバイスをしています。そこは難しい所ですけど、だからといってこの独立リーグの選手はどうしないといけないのか、また小学生に教えるのと違うと思うので、そういう意味ではこれが正しいというのはないと思うので、いろいろ探りながらいまやっていますね。

昨年は本当にいい経験させてもらったので、それを少しでも生かせるようにしていきたいです。自分にもプラスになればいいなと思いながらやっています。

このページのトップへ


6年間のNPB生活を通して感じた率直な気持ちは

 悔いは残りました。だから今でもここでやっています。でも、この独立リーグというのも良いものだなと思いました。来て2年目になりますが、戦力外になった時に声がかかって、1年間独立リーグでプレーして、凄いなと感じています。本当にお客さんも応援してくれるし、野球も本気でできるし、若い選手も育ちます。

だから、プロの中でNPBだけじゃないとも思いました。NPBでまだやりたいって悔いは残りましたけど、だからといって後悔にはならないと思うんですよね。また新しいのがここに見つかったので。

ただNPBは本当に夢を見させてくれる場所でした。

お立ち台にあがった時にはうれしかったですし、初ホームラン打った時のことも忘れないですし、合併する事になった年のグリーンスタジアムでの近鉄-オリックス戦の最終戦、最後にホームラン打てたのも思い出に残っています。非常に恵まれていましたね。成績は残っていないかもしれませんが、一軍でも少しは試合に出させて頂き、今は良しとしないといけないのかなと思っています。

若い選手達には本当にNPBを目指してほしい。やればやるだけ近づいていくので。もう一回生まれ変わったら行きたいですね。

このページのトップへ


【次のページ】 信濃グランセローズ 竜太郎 選手兼コーチ(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

竜太郎 コーチ兼選手
竜太郎 コーチ兼選手
  • 生年月日:1976年06月08日
  • 出身地:大阪府
  • 松商学園高校
    92年93年、夏 、甲子園出場
  • 明治大学
    4年秋・ベストナイン受賞
  • ヤマハ
    3年連続都市対抗出場
    00年アジア選手権 主将
  • 2001年、ドラフト8巡目でオリックスブルーウェーブに入団。
    2004年には規定打席未満ながら打率3割をマーク。
  • 2005年、選手分配ドラフトにより東北楽天ゴールデンイーグルス に移籍。
  • 2008年、打撃コーチ兼任選手として信濃グランセローズ入団。
【関連記事】
第193回 ミレニアム世代はそれぞれの道へ!注目選手たちの進路一覧!【ドラフト特集】
第182回 ミレニアム世代の投手ビッグ3や指名有望な逸材の将来性を徹底解剖!【高校生編投手】【ドラフト特集】
第764回 激戦が予想される秋季長野県大会地区予選会を展望!【大会展望】【大会展望・総括コラム】
第23回 激動の時代に親子鷹で話題となった原辰徳の高校時代【高校野球ヒストリー】
第745回 前評判通りに佐久長聖が優勝!長野の夏を総括する!【大会展望・総括コラム】
第232回 中日ドラゴンズ 大塚 晶文コーチ【後編】 「普段の細かい作業から1つの作品を作るのがバッテリーの醍醐味」 【2014年インタビュー】
第231回 中日ドラゴンズ 大塚 晶文コーチ【前編】 「プロ、アマチュアで出会った捕手の存在」 【2014年インタビュー】
第174回 信濃グランセローズ 大塚 晶文監督 【2014年インタビュー】
松商学園 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー