第32回 読売ジャイアンツ 辻内 崇伸選手2009年07月01日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

2005年夏、高校野球界の注目は大阪に集まっていた。

「浪速四天王」
辻内崇伸(大阪桐蔭-巨人)、鶴直人(近大附-阪神)、平田良介大阪桐蔭-中日)、岡田貴弘履正社-オリックス)の4名の総称である。その年、彼らは大阪の高校野球だけでなく高校球界の注目のスターであった。そして4人とも高校生ドラフト1位でプロの門をたたくのである。
今回の独占インタビューは現在、プロの世界で必死に頑張る4人を取材。高校時代から現在までを語ってもらった。


高校入学に関して

巨人 辻内崇伸選手 ~怪我を通じて考える練習にシフト。現在は段階を踏んで成長中!今後のブレイクに期待!!~



スタッフ(以下「ス」) 大阪桐蔭への進学した理由はなんですか?

辻内選手(以下「辻」) 最初は大阪桐蔭か地元の県立高校に進学するかでどっちにするかで悩みましたね。 
自分は一年から試合に出たかったというのがあったのです。だから自分の中では地元の高校に行きたかったのですが、ただ、同時にプロになりたいという夢もありました。
両親と指導者との相談した結果、プロに行くなら私立の大阪桐蔭に行った方が良いとの判断で決めました。だから進学する時はプロになるんだという気持ちで進学しましたね。

このページのトップへ


入学してみてから

最初は雑用ばかりでした。同じ一年の平田(現、中日)だけが唯一練習に参加しているのを見て羨ましかったですね。一年はグランドさえも入れませんでしたから。グランドの外で草刈りとかをずっとやっていました。3年にならないとグランドに入れないかなと自分では思っていました。

このページのトップへ


【次のページ】 読売ジャイアンツ 辻内 崇伸選手(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

辻内崇伸選手
辻内崇伸選手
  • 生年月日:1987年12月5日
  • 出身地:奈良県
  • 大阪桐蔭
    第87回全国高等学校野球選手権大会出場。2回戦の藤代高校戦で大会タイ記録の19奪三振を記録。ベスト4進出。大会通算史上3位の65奪三振を記録。
  • 2005年読売ジャイアンツに高校生ドラフト1位で入団
【関連記事】
第60回 巨人期待の若手・堀岡 隼人の中学時代。恩師が語る「努力家の一面」【恩師が語るヒーローの高校時代】
第94回 早稲田大学編「スター選手から名監督まで、彩に満ちた『WASEDA』のつながり」【前編】【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第956回 刺激を受けて、子供たちに刺激を与える選手に 森木大智(高知)【後編】 【2019年インタビュー】
第78回 平成最後の日。平成の怪物と呼ばれた投手を振り返る【高校野球コラム】
第949回 「3年間で5回甲子園に出場したい」 目指すは高卒ドラ1でプロ入り! 中森俊介(明石商)【後編】 【2019年インタビュー】
第940回 強打で掴んだタイガースカップ敢闘賞 沖寛太(紀州ボーイズ) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第41回 斬新に歴史重ねた「第11回少年硬式野球四国選手権」で輝いたネクスト球児たち【四国発】
第917回 投手として打者として「打倒・大阪桐蔭」を目指す 小畠一心(オール住之江ヤング)【後編】 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第200回 今からチェック!2020年度のドラフト候補を先取り!【ドラフト特集コラム】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
辻内 崇伸(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー