第40回 中央大学 中村 尚史選手2009年12月18日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第40回独占インタビューは来年より中央大学からインディアンスに入団。メジャーリーグを目指す、中村選手です。
中央大学といえば、156キロ右腕・沢村君(佐野日大)・山崎君(芝浦工大附)の2枚看板。読者の方は武蔵工大付属の中村選手と言った方がピンと来るかもしれません。

中央大学で4年間、自分の野球を自問自答しながらメジャーにスカウトされるまでに成長した、中村選手。
高校時代、大学時代そしてメジャーについて、今回はメンタルトレーナー高畑氏と一緒にお話を伺ってきました。


高校・大学時代

スタッフ(以下「ス」) 高校時代は勉強と野球を両立していましたか?

中村選手(以下「中」) もはや勉強の方が中心でした。高校の時(武蔵工大付属・現 都市大付)は、部活がはっきり言って週3回しかありませんでした。中学生と一緒のグランドなんで。週3回しかないのに塾で休んで、週2とかもありましたよ(笑) 雨が降ったら練習は休みだし、冬休みは練習ないし。
でも、週3だったからこそというのはおかしいですけど、早く野球をしたいという気持ちはありました。1日空くので、変化球の本を読んで、はやく(変化球を)試したいと思ったり。そういう楽しさは高校の時にありました。

「ス」 高校時代に自身の進路についてどんなことを考えていました?

「中」 高校の時からラジオ関係の仕事がやりたくて、ずっと高校時代もそっちの勉強していました。大学もそういう方面に行こうと思っていました。正直、大学で野球をやれると思っていませんでした。
ただ、たまたま早稲田実業との練習試合でノーヒットノーランを達成してしまい、それがきっかけで中大から話が来ました。来た時は、めちゃくちゃうれしかったですね。

「ス」 なるほど。それで野球の道を選んだんですね。

「中」 そういう話もらって、もしかしたら、小さいころになりたかったプロ野球選手の夢を叶えられるかもしれないと思いました。勉強なんて実際野球終わってからでもできるけど、野球は今しかできないから、いまは野球をやるしかないと。

高畑氏(以下「高」) 大学では、いままでと周りの環境が違ったのでは?

「中」 大学入った当初は練習もきつかった。上下関係も高校ではあまりなかったですし。体重も最初81kgだったが、68kgまで落ちました。

「高」 周りの選手はいわゆる野球エリート。意識のずれなど感じました?

「中」 それはありましたね。やはり、高校で甲子園出て、活躍した選手もいますし、周りと取り組みの姿勢が違って、自分もこういうふうにならないといけないと思って、かなり悩みました。4年間野球についていろいろ考えたが、やはりスタンスが違う。

「高」 スタンスとは?

「ス」 周りは本当に野球に夢中になっていて、でも自分は野球のことだけをずっと考えていられないというか、これもやりたい、あれもやりたいというふうになるんです。4年間そのことで悩み続けました。

「高」 個人的には、そんなにガツガツ野球やれば、うまくなるってわけでもないと思います。いい意味での遊び心を持ちながら、野球をやったほうがいいですよね。野球以外のことからでも、応用できる事はいろいろあると思います。そう考えると、高校時代の環境がよかったのかもしれないですよ。

「中」 そうですね。高校時代があったから、今があるかもしれないですね。純粋に野球を楽しんでいましたから。高校の時は、プロの試合とか、雑誌で変化球の握り方とかを見てほぼ独学で研究していました。

「高」 普段、他の選手のプレーを見たりは?

「中」 しますね。相手のピッチャー見て、いいところがあったら、吸収するようにしています。

このページのトップへ


【次のページ】 中央大学 中村 尚史選手(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

中村尚史選手
中村尚史選手
  • 生年月日:1988年1月3日
  • 出身地:東京都
  • 武蔵工大付属高校
    高校時代より140キロ中盤のストレートを投げる本格派右腕として注目を集める。
    最後の夏は東東京2回戦で敗退
  • 2006年中央大学に進学
  • 2009年インディアンスと契約
    2010年よりメジャーを目指す。
【関連記事】
第707回 古賀悠斗(福岡大大濠―中央大)後編「甲子園、侍ジャパンの経験は大きな財産となった」 【2018年インタビュー】
第703回 古賀悠斗(福岡大大濠ー中央大)前編「打撃では無欲、守備では貪欲に」 【2018年インタビュー】
第693回 クリーブランド・インディアンス フランシスコ・リンドーア選手Vol.3「夢を実現できるくらいになれば野球が楽しくなる」 【2018年インタビュー】
第666回 クリーブランド・インディアンス フランシスコ・リンドーア選手Vol.2「強打の名手を支える日頃の取り組み」 【2018年インタビュー】
第652回 クリーブランド・インディアンス フランシスコ・リンドーア選手Vol.1「13歳で決断したアメリカ移住」 【2018年インタビュー】
中村 尚史(武蔵工大付) 【選手名鑑】
中大附 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー