第6回 俳優 上地雄輔さん2007年12月03日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

高校時代に特に印象に残っていることは?

「上地」  怪我から復帰した関東大会前橋工戦で松坂(大輔・ボストンレッドソックス)に首を振られたことですね。

――それまでは松坂投手に首を振られる事は無かったのですか?

「上地」  そうですね。うちは基本的に部長がデーターを集めて、叩き込まれるから基本はキャッチャー主導です。だから打たれたらキャッチャーがめちゃめちゃ怒られるんです。

 そのときは延長戦に入って均衡した状況、一打同点の場面で絶対スライダーなら討ち取れると思ってサインを出したんですが、首を振ってきたんです。僕も一応先輩だから「駄目、駄目、駄目!スライダー投げなさい!」ってサイン出したんだけど、また首を振るから、キャッチャーも意地になっちゃって。

 でも最後は「分かったよ」ってストレートのサイン。それでパコーン!!って打たれたんです。でも凄く嬉しかったです。俺も笑って、あいつも俺見て笑って「スライダーでしたね」って。バッテリーってこういうことだなって。あいつが意思を表したのが嬉しかったし、自分のストレートに自身を持ったなっていうのも嬉しかった。

 自分は別にすごく打ったわけでもないし、肩が強いわけでもないし、結構リードとか状況判断とか野球のずるがしこさで2番を捕ったっていうキャッチャーだったので、みんなからリードを信頼されていたのであんまり首を振るピッチャーがいなかったんです。だから余計に嬉しかったですね。僕に首振ったのはあれが最初で最後でしたね。


このページのトップへ


高校時代の考え方

「上地」  どんな強豪とあたっても勝てると思っていましたね。うちが絶対負けると思ったチームはなかったですね。秋負けたからずっと無敗だったし。絶対どこでも勝てる、でも下手すると負けちゃうかもしれないから気を抜くなみたいな。

――凄いですね。

「上地」 その分、野球を勉強しました。24時間野球ですから。練習だと気づかないけど、他校と練習試合やって気づきますね。この高校は練習やってないから簡単に打てるとか。すぐ癖を見抜けるとか。みんなでこの投手の癖分かるよなとか言いあっていました。簡単に盗塁できたり。うちは基本的に筋トレとかあまりしなくて、ほとんど実践に即した練習をやっていました。

 こういう回で、こういうカウントの状況で、ケースバッティングとか。無駄な時間は絶対に使わずにフリーでもネット一杯立てて走塁練習とかバッターもカウントとか状況とかを自分で決めて打つ。だから指導者もフリーのバッティングについてあまりどうだこうだ言わない。それは監督も見ていて分かるから。泳いでいたら「こいつ今自分の中でエンドランの練習しているな」とか。みんなも分かる。勉強頭はさっぱりだけど、野球頭はみんな凄かったですね。

このページのトップへ


【次のページ】 俳優 上地雄輔さん(5)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

上地雄輔さん
  • 生年月日:1979年4月18日
  • 血液型:O型
  • 横浜高校 硬式野球部所属
    最後の夏(1997年)は、神奈川県ベスト4進出。
  • ドラマ・バラエティに活躍中
    代表作
    ・ごくせん (日本テレビ) 大石雄輔役 レギュラー(2002)
    ・ムコ殿2003 (フジテレビ) 相馬役 レギュラー(2003)
    ・アストロ球団 (テレビ朝日) 三荻野球五役 レギュラー(2005)
    ・スリルな夜 (フジテレビ) 松山研二役 レギュラー(2007)
【関連記事】
第150回 「打撃だけなら歴代No.1」佐倉シニア時代の恩師が語る横浜・度会隆輝【高校野球コラム】
第137回 福原、畔柳、藤森…2018年U-15代表のコーチが語る逸材たちの素顔【東日本編】【高校野球コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
第1057回 高校時代は藤平・石川に隠れる存在だった北山比呂(日本体育大学)はいかにしてプロ注目右腕になったのか? 【2019年インタビュー】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第996回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
第917回 村田賢一(春日部共栄) 大活躍の源は『鋭い観察力』と『強敵と戦うワクワク感』【後編】 【2019年インタビュー】
第882回 目指すは「取手の山岡泰輔」 リベンジ実現し、5年ぶりの甲子園へ 中山航(藤代)【後編】 【2019年インタビュー】
相模向陽館・横浜旭陵 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜氷取沢 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
横浜緑園・横浜明朋 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー