第7回 女優 磯山さやかさん2007年12月09日


 今回は高校野球に関連の深い著名人として、高校時代、野球部のマネージャーとして活動されていた磯山さやかさんにインタビューです!野球部時代のお話。野球の楽しみ方などたくさんのお話を伺ってきました!!!


高校時代

――早速ですが、なんで高校野球のマネージャーになったのですか?

磯山さやかさん(以下「磯山」) 中学時代から高校に入ったらマネージャーになりたくて、あこがれていました。そしていざ高校に入学して何をやろうかと思った時、両親が野球をとっても好きで、一緒にマネージャーやろうって言ってた子にも野球部がいいんじゃないって言われて、じゃ、タッチの南ちゃんも野球部のマネージャーだったし…かわいい印象があったから。行こう!!って。(笑)

――たまたまだったんですね。

「磯山」 そうですね。だから野球部のマネージャーをするために高校を選んだりする事はしなかったです。周りの環境ですね。ホントたまたまです。

意外にもマネージャになったのは、たまたまと話してくれた磯山さやかさん。

――今ではスコアを付けながらの野球観戦というスタンスですが、当時は野球の知識等はあったのですか?

「磯山」 ソフトボールをやっていたので、打ったら一塁に走るとか基本的な事は分かっていたけど、スコアを付けるとかは入部してから学びました。

――プレイヤーからマネージャーに変わって大変だった事は何ですか??

「磯山」 もうなにもかもが大変でした!まずは坊主に慣れるのが大変でした(笑) 確かに中学の時もクラスの野球部の子は坊主だったけど。あそこまで坊主が集まる環境は初めてだったので、ビックリしちゃって!「ありがとうございましたっ!」とか「ちわっす!」とかそういう男くさい言葉もあまり慣れていなくて、初日から泣いたりしてました。あれ??これちょっと駄目かもって(笑) 監督も若いけど怖い人で。マネージャーの体験入部なのにすごく怒られましたね。「チョットここ違うな〜。ここタッチじゃないな〜」って。さわやかなイメージが、全然違うので。

 マネージャーの仕事も中学の時と違い(中学時代は吹奏楽部)雑用というか…すべてが違っていて。お茶汲みとか道具を揃えたり、拭いたりとかあまり今までなかったので。イメージのギャップがありすぎて大変でしたね。

――辞めようとは思わなかったのですか??

「磯山」 もう辞めれなかったですよ。体験入部の段階ですでに入部の形になっていたので。これは駄目だ。辞めれないなって思って、覚悟を決めました。それからは先輩とも自然と仲良くなって、いろんな事を教わりました。