第13回 漫画家 なきぼくろ先生2014年08月14日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 こんな高校野球漫画、見たことない!?
 8月14日配信の『週刊Dモーニング』に、独特なタッチと圧倒的な画力で強豪野球部の実態をリアルに描いた野球漫画が登場した。タイトルは、『BATTLE STUDIES(バトル・スタディーズ)』。描いたのは新人漫画家・なきぼくろ先生。
 実はこの、なきぼくろ先生、PL学園野球部OBにして甲子園出場選手なんです。そんな元・高校球児の中の高校球児、異色の漫画家の独占インタビューを敢行!元球児が野球部を題材に漫画を描く、その想いとは?

【目次】
[1]主人公は自分の願望
[2]僕、PLオタクなんです

主人公は自分の願望

――今回Dモーニングでデジタルでデビューとなりましたが、どんなお気持ちですか?

なきぼくろ先生(以下「なきぼくろ」) 嬉しいのはもちろんなんですけど、どうなるかなぁという思いもあります。どういう反応が来るかなってドキドキしますね。

――題材がまた題材ですものね。

なきぼくろ 僕自身、出身がPL学園野球部ですし、ユニフォームが似た強豪校の話を描いてはいますけど、別に暴露話ではないんですよね。
 色々と強豪野球部の有り方だとかが問題視されていますけど、イメージだけで言われている部分も多いと思うんです。だから、実際はこんな感じなんだ、こういうこと考えて過ごしていたんだよ、と世の中に発信したいというところだけで。
 フィクションなのでその分リアルとのバランスを取るのが難しいなって感じています。そこが、みなさんにどう感じてもらえるか、フタを開けてみないとわからないところですね。

――元高校球児が野球部の話を描くということで、モデルはいるんですか?

なきぼくろ ほとんど架空のキャラクターですね。ただ、野球部ってだいたい似通ってくるんですよね(笑)。外見も内面も。だから意識して描きわけてます。

――ご自身が投影されてくるところも出てくるんじゃないですか?

なきぼくろ どうでしょうね。どんどん描いていくうちに、出てくるかもしれないです。
 ちなみに主人公は、僕と全く違います。僕はそんなに期待されて入ったわけじゃない外野手でした。それに対して、今回の主人公は鳴り物入りで入ったキャッチャー。うん、願望ですね。こうだったらよかったな~って。だから、今後も願望は出てくるかもしれません。


Dモーニング

このページのトップへ

【次のページ】 僕、PLオタクなんです

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

なきぼくろ
  • 漫画家
  • PL学園野球部在席中は外野手として活躍。レギュラーとして甲子園にも出場した。卒業後は絵の道に進み、イラストレーターとして活躍。その後漫画家を目指し「モーニング」の新人賞「第34回 MANGA OPEN」に応募したところ、奨励賞とeBookJapan賞をW受賞!!今回『BATTLE STUDIES(バトル・スタディーズ)』を引っ提げてDモーニングでデビューが決まった。異色の経歴に圧倒的な画力を持つ驚異の新人として飛躍が期待されている。
【関連記事】
第1110回 プロを目指して名門街道を駆け抜けた。世界一を知る今江敏晃コーチ(PL学園OB)から球児たちへのメッセージ 【2020年インタビュー】
第10回 沖縄で着実に受け継がれる甲子園のDNA【沖縄の高校野球】
第1回 智辯和歌山 名誉監督・高嶋仁氏 ×PL学園元監督 中村順司氏 「練習時間の短縮化」と「野球人口減少」を名将たちはどう考えるのか?【変わりゆく高校野球】
第9回 球史に名を刻む名将・高嶋仁氏(智辯和歌山 名誉監督)、中村順司氏(PL学園元監督)が考える球数制限【球数制限問題】
第1080回 桑田真澄(PL学園) PLに大きく育ててもらい、そして甲子園でさらに大きく育ててもらった 【2019年インタビュー】
第950回 メジャーリーガーが全幅の信頼を寄せるウイルソン米国本社マスタ-クラフトマン 麻生茂明氏【前編】 【2019年インタビュー】
第958回 今年がラストチャンス!並々ならぬ決意で臨むPL戦士・中山悠輝(東京ガス) 【2019年インタビュー】
第882回 日本テレビ・上重聡アナウンサーが語った「松坂世代」と「未来の高校野球」への思い 【2019年インタビュー】
第538回 爆発力で勝ち取ったベスト8!チームの意識を変えて挑んだ岩倉(東京)【前編】【野球部訪問】
第27回 駒大苫小牧が田中将大で、大会3連覇を果たすかという中で注目されていた年【高校野球ヒストリー】
PL学園 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る