印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第9回 株式会社エスプライド 西川世一さん2013年04月08日

 高校時代は名門・中京大中京高校でプレー。
現在は、総合クリエイティブカンパニーとして、商品や空間プロデュースをはじめ企業のブランド構築事業を展開する株式会社エスプライド代表取締役会長・西川世一さんをご紹介。
西川さんが高校野球から学んだこと。また、会社設立への熱い思いや、今後の夢など幅広く語っていただきました。

【目次】
[1]憧れの中京大中京へ! 大藤先生の出会い
[2]新しいモノを生み出し、新しく活躍する場所を生み出したい[3]社会に出て実感。考えられて行動出来る選手になろう

憧れの中京大中京へ! 大藤先生の出会い

中京大中京時代の西川さん

――現在、ブランディング事業をメインとした株式会社エスプライドの代表取締役会長としてご活躍されている西川さんですが、高校時代も強豪校のレギュラーとして白球を追いかけていました。まずは、少年時代の思い出を教えてください。

西川世一さん(以下「西川」)  小学校の時からプロへ行きたい気持ちと中京大中京高校に対する憧れが、かなりありました。中学は硬式野球クラブに所属していて、投手と外野を兼任していました。
ただ、中京大中京は、勉強も出来なければ入学することが出来なかったので、当時から勉強が苦手だった僕にとっては、入るまでに苦労もしましたね。

――中京大中京高校では、大藤敏行先生と出会いました。西川さんにとってどんな先生だったのでしょうか?

西川 とても厳しい先生でしたね。ただ、入学してすぐに、大藤先生に評価していただいた部分もあったのに、怪我をしてしまったんです。
また、僕は当時はやんちゃだったので、何度も監督に怒られていて、その時は監督の厳しさに対する有り難みを感じることが出来なかった。でも、今になって振り返ると監督の教えはすべて、僕の今の人間形成の基礎となっていたんだなと気付きました。

――中京大中京高校で過ごした3年間はいかがでしたか?

西川  先輩はもちろんですが、周りのレベルが本当に高くて、場違いなところへ来たと最初は思いました。
ただ、僕は打撃をウリにして、入部してすぐにサードに転向して試合に出場する機会もあったのですが、腰を怪我してしまって、なかなかグラウンドに立つことができなかったんです。それからは治療とリハビリの毎日で、復帰した後は、遅れを取り戻そうと必死に練習して新チームになってからはレフトで出場することが出来ました。

――最後の夏の試合は、今でも覚えていますか?

西川  覚えていますよ。最後は県大会の準決勝で敗れました。その年は、享栄や愛工大名電といった強豪が早々と負けてしまった。僕たちのチームはいい選手も多くて、甲子園に行けると思っていたんですけど、そういう油断があったんでしょうね。準決勝では先攻しながらも、エラー絡みで大量失点をしてしまった。そこから取り返そうと反撃したんですけど、結局、7対4で負けました。

――高校を卒業後は、どのような道を歩んで生かれるのでしょうか?

西川  大学に進学したのですが、腰に爆弾を抱えていたのもありましたし、野球選手として活躍するのはもう無理かなと。父が経営者だったので、自分も経営者になりたいという夢もあった。そこから、大学を辞め、上京し、経理学校へ通い始め、翌年はデザインの学校に通いました。父の仕事は紙器製造会社で、簡単にいえばダンボールや包装資材を扱っている会社ですね。そこで仕事をしつつ、何か紙器製造でも、デザイン性を持たせることが出来ればと自分なりに考えるようになりました。それで、デザインの知識を身に付けたいと思ってデザインの学校に通ったんです。

【次のページ】 新しいモノを生み出し、新しく活躍する場所を生み出したい

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

西川世一(にしかわ・せいいち)
  • エスプライド 代表取締役会長兼グループCEO
  • 1978年生まれ
  • 愛知県・中京大中京高校出身。最後の夏はレフトで出場。
  • デザインの専門学校を卒業後、父親の経営する紙器製造会社へ入社。2003年にオリジナルお菓子事業の営業活動を開始。2005年に株式会社エスプライドを設立。
【関連記事】
西尾東vs享栄【愛知県 2018年秋の大会 第71回愛知県高校野球選手権大会】
第783回 東邦など名古屋地区の私学4強が分散、豊川、西尾東などがどこまで抵抗示すか【大会展望・総括コラム】
中京大中京vs東浦【愛知県 2018年秋の大会 第71回愛知県高校野球選手権大会】
侍ジャパンU18代表vs明治大学【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
第28回 山川穂高が沖縄で怪物の片りんを見せていた時代、甲子園には菊池雄星がいた【高校野球ヒストリー】
第749回 東西ともに熱戦が繰り広げられた、愛知100回目の夏を振り返る!【大会展望・総括コラム】
第92回 日南学園と13年夏準優勝の延岡学園が競い、聖心ウルスラなども【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第502回 星城(愛知)【後編】「愛知私学4強との対決を制し、下克上実現へ」【野球部訪問】
中京大中京vs大阪桐蔭【2018年 練習試合(交流試合)・春】
愛知産大三河vs大阪桐蔭【2018年 練習試合(交流試合)・春】
第580回 磯村峻平(中京大中京)「世界大会の好投でつかんだ自信」 【2017年インタビュー】
第479回 中京大学附属中京高等学校 佐藤 勇基選手「U-18代表入りして得た知識や経験を最大限活かしたい」【後編】 【2016年インタビュー】
第478回 中京大学附属中京高等学校 佐藤 勇基選手「侍ジャパンU-18でもベストナイン!今夏屈指の遊撃手!」【前編】 【2016年インタビュー】
第419回 上野 翔太郎投手(中京大中京―駒澤大学) 「満身創痍の中でも快投ができたコンディショニング術」 【2016年インタビュー】
第345回 愛知工業大学名電高等学校 高橋 優斗選手「下の世代から目標とされるような選手になりたい」 【2015年インタビュー】
中京大中京 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る