独占インタビュー 第59回 読売ジャイアンツ 西村健太朗 選手2010年09月30日


【高校野球情報.com】独占インタビュー第47回 読売ジャイアンツ 西村健太朗選手

今回の独占インタビューは読売ジャイアンツの西村選手です。
広陵時代は1年秋からエースを努め、春夏合わせて4連続甲子園出場、3年春には全国制覇をはたした西村選手に、オフシーズンの練習のポイントについてお話を伺ってきました。


広陵時代の練習と「自主性」

【高校野球情報.com】独占インタビュー第59回 読売ジャイアンツ 西村健太朗選手

鷲崎:インタビューアー(以下「鷲」) プロ1年目から1軍で登板されたことを考えると、広陵高校時代の練習の中身が濃かったんでしょうね。どんな練習をされていたのでしょうか?

西村選手(以下「西」) 僕らのときは、練習時間はそんなに長くなかったですね。平日の全体練習は学校が終わる夕方から夜の7時とか、7時半までの3、4時間くらい。他の高校の話を聞いたら、自分たちは意外と少ないなって思いました。

「鷲」 広陵高校ならではという練習はあったんでしょうか?

「西」 変わったことはなかったですよ。基本を繰り返して練習していたと思います。あとは自主的に練習するということですかね。寮生活でしたので、全体練習が終わって食事を摂ったら個別に練習をしていました。ただ、それも強制ではなかったですし、寮の点呼があったんで9時から9時半くらいまでという短い時間でした。朝の練習も6時から1時間くらい。練習試合がある土日以外は、ほとんどそんな感じでした。ダラダラやるのではなく、短時間集中でした。

「鷲」 全体練習が終わった後で、自分が何をやるか。

「西」 そうですね。中井(哲之)監督からは技術的なことを言われることはほとんどありませんでした。自主性に任されていましたね。僕は投げることと走ることを主にやっていました。3年生のときは、ほぼ何も言われませんでしたね。

「鷲」 1年生の秋からエース。信頼が厚かったんでしょうね。

「西」 2年生の夏が終わってからは、全体練習以外のピッチャーの練習を任されて僕がメニューを決めていたんですよ。中井監督から「自分で決めろ」と言われて。自分でメニューを作っていたのは僕が最初だと思います。

「鷲」 実際に練習メニューを自分で考えるとなったら、大変だったんじゃないですか?

「西」 初めのうちは、それまで行っていた練習の中からやっていましたけど、そのうち自分で考えたりするようになりましたね。スタミナのことを考えたら長い距離を走って、体のキレを出したいときは短い距離を走ったり、日によってテーマを考えて。ただ、プロみたいに毎日、朝からできるわけではないので、限られた時間の中でいかに効率良くできるかということを考えていましたね。野手がバッティングをしている間に走るとか。

「鷲」 野球関連の本や雑誌を参考にしたりということもあったんでしょうか?

「西」 特に読んだりはしませんでしたね。経験則から考えていました。

「鷲」 ひと言で自主性と言ってしまいますけど、高校生が自分をコントロールするのは簡単ではないようにも思います。

「西」 そうですね。ただ、ダラダラと長い時間やっていたわけではなかったので。長時間だったらまた考え方も変わったと思いますけど。全体の練習をやって、それ以外の限られた時間の中だったので、しっかり取り組めたのかなとは思います。

このページのトップへ