第54回 東北福祉大学 伊藤 直輝選手2010年08月10日


第92回甲子園大会記念企画!!~甲子園を沸かせたヒーロー達~
第54回は、東北福祉大学 伊藤直輝選手です。

 当たり前だけど、野球は、最低でも9人が必要だ。一人の力だけで勝ち上がるのは難しい。
 1年前の夏。新潟県を制し、甲子園に乗り込むまでは、49地区代表の1校にすぎなかった日本文理。それが、日を追うごとに、「え?新潟が?」と高校野球史を揺るがす快進撃を続けた。
 甲子園の決勝に進んだだけでも快挙とされたチームが、その決勝戦でまた、ドラマチックな試合を創り出した。中京大中京との決勝戦。6点を追う9回表に1点差まで詰め寄る、驚異的な粘りを見せたが、勝利まではあと2点足りなかった。それでも、たくさんの人々の心を震わせた1戦だったはずだ。
新潟の高校野球史を変えたチームのエースの素顔に迫る。


伊藤直輝

 1年前、ほんの2週間程度で伊藤直輝は一躍、時の人となった。甲子園という高校野球最高の舞台で初戦の2回戦から全5試合をたった1人で投げ抜いた日本文理のエース。チームに夏の甲子園初勝利をもたらし、新潟の高校野球の歴史を一気に分厚くさせ、日本の高校野球史を動かした。

 1991年4月16日、4人兄弟の3番目、伊藤家の次男として生まれた。伊藤を育んだ関川村は、山形県小国町と隣接し、人口は6500人ほどの村。「毎日、木登りしていました。遊んでいましたね、とにかく。何でもやっていました。自然しかないです」。

 3歳から通った保育園ではいたずらばかり。「お昼寝タイムとかあるじゃないですか。それ終わったらおやつだったんです。(おやつが)食堂の棚みたいなところに置いてあったんですけど、待ちきれなくて、先生の目を盗んで机の下で食べているのをみつかって怒られていたの、覚えています」。

この頃から野球への興味も芽生えた。「おやじが野球をやっていたっていうのもあって、ボールを触ったり、キャッチボールしたり。ボールを触るのが好きで、プロ野球もテレビで見ていました。そういうので野球をやりたいっていうのが自分の中にあって」。

 本格的に野球を始めたのは、関小学校2年生の冬。3年生から入れるが、ちょっと早く、チームに入れてもらった。村内にある安角、関、女川、川北、土沢の各小学校からメンバーを募った関川スポーツ少年団がそれだ。

最初のポジションはキャッチャー。「阿部慎(巨人・阿部慎之助)が好きで、キャッチャーにあこがれていました」。新潟で放映されるプロ野球中継は、当然のように巨人戦。「プロテクターがかっこよくて。付けてみたくて」希望したキャッチャー。だが、小学3年生の小さな体には負担だった。「楽しかったですけど・・・」。いくら少年野球用とはいえ、レガースは太ももまで隠れるし、重量もある。ちゃんとキャッチャーミットも使用したが、やはり大きかった。3年生はサードなど、いろんなポジションを守った。その秋、ピッチャーを始めることになる。本格的には4年生からで、そこから投手人生がスタートした。

 少年野球の練習はノックをして、バッティングをしてといったいたってシンプルなものだった。「ランニングしてこい」と言われれば、練習場の河川敷内を走った。さらに「家に帰っても走っていました。元々走るのが好きで」。この頃にランニングをし過ぎたのか、「今は好きじゃないんですけど」と笑う。

 どんな投手だったのだろうか。「スピードはなかったけど、コントロールが良かったです。思ったところ、キャッチャーが構えたところに投げられていました。今より、小学校の時の方が良かったかも(笑)指先が起用だったんです」。

勉強の方は?「普通でした、普通。かけ算、わかんないとかなかったです。ちゃんと、そういうのもわかっていました!(笑)」。

 関谷中では、軟式野球部に所属。1年生からエースナンバーを背負った。もちろん、入学してすぐではなく、3年生が引退した後。理由は「15人くらいの部員で、上にピッチャーがいなかったから」。県大会出場もままならない状況で強くはなかった。だが、2年生になる時、関谷中は関川村にあるもう1つの女川中と統合し、関川中になった。女川中には野球部がなかったという。学区の関係で女川中に進んでいた小学校時代の仲間は、関谷中と統合したことで、1年越しで野球をすることになった。

3年生の県総体では準優勝。北信越大会に進んだ。1回戦で敗れ、全中出場はなかったが、「周りのやつらがよかった。チームメートっていうか。上手いやつらだったんで。ほんとに、よかったです。チームメートが」。仲間に恵まれ、充実した中学野球だった。

 学校では中心だった。「小学校6年くらいからリーダーシップ性を・・・リーダー的な存在になってきて、中学校では体育祭の団長とか、そういうのやっていましたね。けっこう、まとめる的な役でした」。小学校、中学校とキャプテン。「なので、あまりふざけた感じじゃなかったです。しっかり、真面目にやっていました」。

 勉強は?「小学校の時と変わらず。数学とかもう、ダメでしたね。英語は週1回、塾に通っていたので、最初は90点とか取っていたんでスタートはよかったんですけどね。後半はわかんなくなっていました…」。

「強い高校に行きたい」と、漠然に思っていた頃、下越大会の2回戦に日本文理の大井道夫監督が見に来ていた。誘いが一番早く、この頃の日本文理は甲子園の常連になりつつあった。2006年センバツではベスト8入り。新潟で最も脂が乗っているチームだった。