第52回 明治大学 荒木 郁也選手2010年08月05日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第92回甲子園大会記念企画!!~甲子園を沸かせたヒーロー達~
第52回の独占インタビューは、明治大学、荒木 郁也選手です。

高校時代は日大三にて2年夏に甲子園出場し、8強入り達成。その翌年は西東京大会にて早稲田実業と激戦の末、おしくも準優勝。その後も明治大学野球部にて活躍を続け、今夏の世界大学野球選手権に出場される荒木選手に、日大三時代から現在に至るまで、そして今後の展望についてお伺いしてきました。


"打撃の日大三" 全国5指に入る強化練とは

スタッフ(以下「ス」):荒木さんが日大三に決めたきっかけは何だったんですか?

荒木郁也選手(以下「荒」):結構年齢が離れている先輩がいるんですけど、その先輩が三高に入っていたからからです。それがきっかけで日大三高という学校に興味を持ったことがきっかけです。

「ス」日大三高にはどうゆうイメージを持っていましたか?

「荒」:学校があるときはだいたい四時間位の練習時間でした。日大三の練習名物と言えば、"冬の強化練習"です。毎年恒例で年末にあるんですけど、朝5時半から夕方6時までぶっとおしでやるのが二週間続く強化練習のことです。あれは一言でいえば、"イジメ"ですよ(笑)。

早朝に起きてランニングした後に食事をとり練習に移る。ノック、そしてひたすらバッティング。あれは本当にキツすぎて最終日に練習が終わった時にはみんな泣きます。自分も辛すぎて泣きましたよ(笑)。この練習は全国でも5本の指に入るくらいキツい練習らしいです。

「ス」:打撃の日大三。やはりバッティングに関しては自信がつきましたか?

「荒」:そうですね。自分自身、日大三に入るまでは打つのがあまり好きじゃなかったんです。走ることは元々好きだったので、どっちかというと守る方を得意としてました。けど日大三に入って、ティーバッティングを連続で倒れるまでやったり、冬にはマスコットバットという重いバットでふりつづけて力をつけたりするような練習をこなしてからは、そのバッティング練習をしてきたおかげで、いつの間にかバッティングに自信がついておもしろくなっていました。

「ス」:得意分野が変わるってすごいですね!
守備にこだわりはありましたか?

「荒」:グラブなんかは軽い方がハンドリングがしやすくいいと思います。
ただ今はやはりバッティングとか、走塁の意識が高いですね。

【次のページ】 明治大学 荒木 郁也選手(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

荒木 郁也選手
荒木 郁也 選手 
  • 生年月日:1988年4月25日
  • 日大三-明治大学
  • 日大三時代は2年春からベンチ入りし、甲子園ベスト8入り。その翌年の西東京大会では斎藤擁する早稲田実業と激戦を繰り広げ多くの注目を集めた。
    明大入学後、2年春に打率.286をマークし遊撃手で初のベストナインに輝く。
    そして今夏、世界大学野球選手権に出場を果たす。
  • 走攻守バランスの取れた選手で、プロ注目の選手の一人。
【関連記事】
第267回 軟式U-15経験者や磐城の143キロ右腕...ブレイク必至の好投手たち【東日本投手編】【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第1004回 2020年の西東京の勢力図、新鋭を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第8回 甲子園3試合連続本塁打を放った原島正光さん(日大三出身)はなぜ大学進学を選んだのか。vol3【甲子園のヒーローに会いに行く】
第1004回 2020年の東東京の勢力図、新鋭を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第1141回 投手として開花しつつある入江大生(明治大)。一発勝負のリーグ戦でドラフト上位へ躍り出るか? 【2020年インタビュー】
第1141回 一塁コンバートから始まった甲子園3試合連続本塁打。入江大生(明治大)が振り返る作新学院時代の思い出 【2020年インタビュー】
第1141回 2016年甲子園優勝メンバー・入江大生(作新学院出身)を変えた3年春の県大会 【2020年インタビュー】
第1104回 ドラフト6位でも大成の可能性を秘めた井上広輝(日大三-西武)。高卒プロは常に考えていた 【2020年インタビュー】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
日大三 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー