第50回 東京ヤクルトスワローズ 田中 浩康選手2010年08月02日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第50回の独占インタビューは、東京ヤクルトスワローズ、田中 浩康選手です。

高校時代は尽誠学園にて1、2年時に甲子園出場。そして早稲田大学に入学し、六大学リーグ戦の全試合に出場し活躍された田中選手。その後東京ヤクルトスワローズに入団し、堅実な守りと安定したバント技術でチームの勝利に貢献している田中選手に、高校とプロの世界の練習の違い、持ち味の守備の秘訣についてお話を伺ってきました。


尽誠学園の練習から学んだこと

スタッフ(以下「ス」):高校時代の練習で得たものはなんだと思いますか?

田中浩康選手(以下「田」):ディフェンスを大事にする方針だったので、守備練習にあてる時間が長かったですね。ノックや基本的なゴロ捕球だとか、そういうものが多かったです。でもバッティング練習も長かったな・・・(笑)。

「ス」:全部長かったですね(笑)。

「田」:だからたくさん練習ができる土台が高校時代で作れました。高校時代は練習の量をこなせる時期なので、すごく練習をした期間でした。そのときの経験が、今でも練習で自分を追い込む基準になったりしています。

高校時代に練習をたくさんしたことが今にすごく生きています。ここまでやっても大丈夫だとか、逆にここまでやらないとダメだとか、そういう基準ができました。そういった基準がないまま大学やプロに進むと、壁にあたったときに戻る場所がないですよね。そういったことでは良い経験になりました。たくさん練習をした中にいろいろな発見があるので、そういう経験もして欲しいと思います。

「ス」:高校時代から守備の意識は高かったのですか?

「田」:二遊間を守っていたので高かったですね。特に僕の場合はチームに良いピッチャーがいたので、それを中心にした守りに重点を置いました。打ち勝つというより守り勝つということが大前提でした。高校野球は一発勝負ですから、バッテリーを含めた内野の守備が勝敗を分けることも多いので守備力を上げることが第一でした。

【次のページ】 東京ヤクルトスワローズ 田中 浩康選手(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

田中 浩康投手
田中 浩康 選手   
  • 生年月日:1982年5月24日
  • 出身地:京都府
  • 尽誠学園-早稲田大学
  • 所属球団:東京ヤクルトスワローズ
  • 2004年、ドラフト自由獲得枠にてヤクルトスワローズに入団。
    2007年、132試合に出場して、打率.295、5本塁打、51打点、また、リーグ最多の51犠打、8三塁打を記録。初のベストナインにも選出。
    2009年、失策を3に抑え、守備率.996は2年連続二塁手部門でリーグ最高に。
  • 犠打の技術は球界屈指と名高く、スワローズの内野の要として欠かせない存在である。
【関連記事】
第171回 ミレニアム世代のトッププロスペクト vol.20 「野村大樹」【ドラフト特集】
第738回 ウラディミール・バレンティン(東京ヤクルト)「ホームランを打つにはバックスピンをかけることが大切」 【2018年インタビュー】
第730回 【香川展望】100回目、香川の夏は「混戦・激戦・熱戦」【大会展望・総括コラム】
第84回 古豪高松商の復活で、新たな動きだが、尽誠学園に英明、寒川、香川西という構図【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第710回 徳山壮磨(大阪桐蔭ー早稲田大学)「大阪桐蔭のエースへ。努力を継続した3年間」 【2018年インタビュー】
第666回 出そろった100回大会・香川&愛媛の春を総括!【大会展望・総括コラム】
第82回 寺島 成輝(東京ヤクルト)「『履正社出身』を胸に」【ドラフト特集】
第501回 ヒューストン・アストロズ 青木 宣親選手(日向出身)「失敗しなければ自分のことは分からない」 【2017年インタビュー】
第386回 埼玉西武ライオンズ 木村 昇吾選手「レギュラー入りするために。もう一度、自分を見つめ直そう」 【2016年インタビュー】
第368回 東京ヤクルトスワローズ 小川 泰弘選手【後編】「試合で力を発揮するためのコンディショニング作り」 【2016年インタビュー】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
館山昌平、復活への道
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
尽誠学園 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー