独占インタビュー 第46回  【特別企画】 高校スポーツのあした(7) 2010年05月29日

13.学力と運動能力

【高校野球情報.com】【特別企画】 高校スポーツのあした

【国分先生】

「佐々木」 さっきバスケットでおっしゃっていまいしたが、学力高い子と運動神経が一致しないっていうの、野球選手すごく多いんです。

「佐藤」 IQね。

「佐々木」 ちゃらんぽらんな子が結局、野球が上手。

「佐藤」 IQ高いし、頭脳的にもやるし。

「佐々木」 ずるいのが結局、野球もずるくて。

「佐藤」 ずるがしこいってことですよね。

「佐々木」 はい。学校生活はめちゃくちゃなんだけど、野球をやらせたらとびきり上手いと。バスケットもいるんでしょうか?

「佐藤」 いますよ。ただ、私のところには、そういう選手は来ないですね。私はバスケットバカとかスポーツバカとか、最も嫌いなタイプだっちゅうのを、多分、みんな知っているんで。ただやっぱり、賢いっていうね。頭脳的なところしかもう。例えば、大リーグの選手と日本のピッチャーが戦う時にやっぱり、賢さがなきゃダメじゃないかな。

そりゃ、投げ方とかいろいろあるにしても、もう、バレーだってそう。東洋の魔女で優勝したけど、その技術はみんな、外国に持って行かれちゃったら、もう体力勝負では絶対にかなわない。やっぱり、相手をだますとか、そういう頭脳的なところ。このバスケットもそう。その頭脳的っていうところは、勉強して集中力がある者が、先が読めて素晴らしい頭脳的なことをするかっちゅったらそうじゃない。

「佐々木」 そうですよね。

「佐藤」 逆に、これ、ダメなんだけど、まじめさが邪魔しているっていうこと。

「佐々木」 ありますね。

「国分」 うん、あるね。

「佐々木」 これ、どうするんですか?永遠のテーマなんですけど。

「佐藤」 私は諦めないで、最終的には、そのまじめさが、やっぱり、勝ってくれるんですよ。最終的には、そのまじめさのやつが最後の局面でやってくる。賢そうだけども、態度も悪い、だらしない。でも、バスケットや野球IQは高い。でもそれは、大事な時にはだいたいはぽかしちゃうやつ。そこは見極めて(笑い)

「佐々木」 ちょっとその、見えてきたというかですね、さっきの東北人のメリット、デメリットの話で、何でじゃあ、その子たち活躍するんだろうって思ったらですね。大舞台の時も、ちゃらっとやるんです。まじめな子って、「あぁ、ここで打たないと」って、「ここで捕らないと」って思うんですけど。「なーに、そんなのいいじゃないか」って言ってパラっとプレーできるんです。いい意味で、ちゃらんぽらんでやるんですね。東北人ってまじめな子が多くてですね、そういう風に思えない子が非常に多い。
関西の子が2人くらい入っていると、東北(地方のチーム)は強いじゃないですか。「なーにいいんだ、やってやるよ」っていうのがですね、2人くらい入るとみんな感染するんです、それに。みんな関西人みたいになってですね、強くなるんです(笑い)

「佐藤」 ある時に開き直れるんだね。でも、本当にね、まじめでコツコツやる選手がね、開き直れるっていう、その脱力を覚えたら、それは本物だと思いますよ。