独占インタビュー 第46回  【特別企画】 高校スポーツのあした(6) 2010年05月28日

11.言葉の力

【高校野球情報.com】【特別企画】 高校スポーツのあした

【国分先生】

「佐藤」 先生はもう、優勝、帯びたる数があるんだから、お聞きしたいんだけど、いつも私もね、頭の中でね、悩むところがね、これだったら日本一になれるという条件を提示しろと言われたら自分で提示できるかな?っていう問題があるんですよ。

「国分」 うん、うん。

「佐藤」 留学生入れるとか、何とかの問題じゃなくて。多分、先生あたりだったら、こういう条件が整えば、絶対優勝できますと。多分、先生にはそういうのあるんでしょ?やっぱり、ここだったら優勝できるとか。

「国分」 このくらいだったらってね?あくまで敵がいる話だから。

「佐藤」 うん、うん。

「国分」 敵がそれ以上の準備する場合もあるよね。でも、このくらいだったら日本一に届くだろうっていうのはありますね。

「佐藤」 あるんでしょう。佐々木先生もあるの?

「佐々木」 あったので、去年は日本一と言ってみたんですけど(笑い)いける要素があったので。

「佐藤」 それを結局は、育てればいいわけでしょ?そのラインまで。逆転現象を起こしながらもね。多分、私なんかも、1回ベスト8とかベスト4とかに入ったら、次もベスト4とかベスト8なんて言っていられないよ、と。とんでもない話だから。優勝しか狙えないんじゃないの?と持って行くわけですよね。やっぱりこの、監督っていうか、ヘッドコーチがこの、どこまで彼らのモチベーションを上げていくかっていうね、もの凄く大事なことだなって、先生言われるように、最初から初戦突破っていう目標っていうのは、それはないだろうなと。まして、初出場でないんであればね。

「国分」 私がすごく興味のある話でね、こんなことを聞いたことがあるんですよ。このくらいの瓶にね、このくらいの高さの瓶にノミを入れておいて、蓋をしておくんだって。ノミは3㍍から5㍍を簡単に跳ぶんだけど、ノミが跳ぶとね、ぶつかってさ、要するに蓋があるからノミがこうやって跳べないわけだ。3㍍から5㍍跳ぶ能力がありながら。そして、時間が経ってから蓋を取るとノミが瓶からポーンと跳ぶかっていうと、もうノミは。

「佐藤」 跳べないわけだね。

「国分」 これにすごい強烈な印象があってね。能力がありながら、何回か失敗をしたり、あるいはここまでベスト8までいけばいいやって満足したりしていると、本当は優勝する力がありながら、ただ、自分では気がついていないんだよ。力がありながらベスト8でね、いつも終わってしまう。最初に話したように、高校生ってのはこのチームこんなに強かったのかって、最初、こんな風に思わなかったっていうくらいに変わるっていうのは、指導者も選手も自分でも気がつかない力っていうのが人間にはあるんではないんだろうか。これを引き出す方法っていうのは、目標を高く設定するっていうのか。少なくとも、私のチームに入ってくる選手たちも明成高校に入ってくる選手たちも花巻東に入ってくる選手たちも、気持ちの中ではさ、自分には少し、力はねぇかなと思いつつも。だって中学時代、ここまでしかできなかったんだからと思っているとか、どこどこのあいつに負けちゃったからとかっていう、要するにこの蓋の部分がどっかにあって、その初戦突破とかベスト4とか言っているだけで、本心は、俺は、高校生はどんなに自分に能力がなくても、できれば優勝したい、優勝旗持ってきたいっていうのが本心だと思うんだな。

「佐藤」 そうですね。

「国分」 本音に迫った方が、隠された才能が開く可能性が高いんじゃないかと。絶対に開くとは言えないけれど。

「佐藤」 高校男子バスケは4500校ある。4500校どこでも日本一になる、チャレンジすることはできるんですよね。じゃあ、本気になって日本一にチャレンジしているのはどれくらいあるか、その数は分からないけれど、本当にごく一部であって、指導者の、私なんかはあの、選手たちに最初から日本一狙えっていっても、全くわからない。だから、去年の先輩の結果を越えなさいと。そこで届くところの目標を定めちゃう。そこを越えたらあなたたちは優勝できるよと。なんか、そんな感じでモチベーションを上げていくように。で、とにかくきつい練習の時には、これを越えれば日本一になれるって言い聞かせてその気にさせておく。これはすごく大事なことかなって思うね。

「国分」 私、ここ15年間ね、夏の甲子園と春の甲子園の出場チームの談話をね、調べたんですよ。私、全然わかりませんよ、野球のチーム。でもね、やっぱりこう、日本一になります、とかね、一戦必勝で頂点を目指します、とかね、そういう風に言ったチームからしか優勝チームは出ていないよね。

「佐藤」 なるほど。