独占インタビュー 第46回  【特別企画】 高校スポーツのあした(5) 2010年05月27日

9.部活の禁止事項

【高校野球情報.com】【特別企画】 高校スポーツのあした

【国分先生】

「国分」 私なんかの場合はね、一応、男女交際は禁止でした。ただそう言ってもね、一番多感な時でしょう。人間って言うのはね、禁止っていう言葉に反発というか、嫌なんだと思うんだな、高校生時代。だから、私はあえてこう言ったんですよ。「男女交際は禁止じゃないよ」って。本当は禁止なんですよ、本当はね。「禁止ー」って怒鳴りたいくらい(笑い)でも、「男女交際は禁止じゃないよ。おまえたちくらいの年になれば、昔はお嫁にも行ったんだから。男を見て、素敵だなぁとか、かっこいいなぁとか、そう思うのは自然だって。でもな、人間って弱いんだよ。2つは出来ないよ。バレーの強いチームを作りたい、日本一になりたい、テレビに映って活躍していっていうのと、あの子と交際したいっていうのと。人間、2つはできないと俺は思う。俺も女の人を好きになるとそっちにパーッて行っちゃって、これじゃいけないと思いつつもパワーが二分される。おまえたちはバレーボールをやりに来たんだっていうことが1つ。で、このバレーボールを延々と一生やっていくわけじゃないんだ。3年間だけなんだから。今、この時期にバレーボールを一生懸命やることによって、それからしか学べないことを学んでいったらいいんでないか。おまえたちな、男に惚れるよりもよ、男に惚れられるような女になることが大事じゃないか。だから、男女交際は我慢をしろと。2つは出来ないから1番目のバレーボールをやれ」っていう表現でね、男女交際は一応禁止にしたんだけど、陰ではやっていたと思う(笑い)

「佐藤」 うちは「流行に惑わされるな」っていう事だけですね。

「佐々木」 男女交際は禁止ではないのでしょうか?

「佐藤」 そんなことも一切、話しません。そういう時間を作ったら、こっちがダメなんだろうなと(笑い)今はね、メールとかありますからね。それ以上に、流行に惑わされるなといって、技術的な、NBAっていう大きなやつがありますから。これは模範にもなるし、模範にならないところもたくさんあるんで。それから、スタイルですね、運動するときのね。例えば、今なんかもみあげを長くしたり、短パンも長いのはいたり。私は質素で流行に惑わされないで、あくまでも高校生らしくしておきなさいと。そのぐらいですかね。

「国分」 はぁ、なるほどね。佐々木先生どうですか?

「佐々木」 私はですね(笑い)

「国分」 何かあるんですか?

【佐藤先生・】

「佐々木」 監督になった時は男女交際OKにしていたんです。それで頑張れるんだったらいいんじゃない?って。野球も頑張りたい、活躍したいと思うんであれば。と思っていたんですけど、やっぱり、いろいろと問題というかですね、問題に至までの問題もなかったんですけど。今は、禁止にしているんです。でも、禁止とはいっても付き合っているんだろうなと。でも、水面下でしか動けないので、あからさまにどっかに出掛けたりはできないですよね。なので、いるのかなと思いながらも、禁止とは言っています。多分、付き合ってはいると思うんですけど。ただ、やっぱりですね、大学の時だったんですけど、(知り合いで)女性で人生変わってしまったとか、女性の方に走り込んでしまったとかいうケースがありました。私も監督になって1人だけ以前にいたんです。彼女ができて、おかしくなってしまってですね、ものすごく素材を持っている子だったんですけど、結局、途中で辞めたんです。周りから白い目で見られてしまってですね。なので、そういうこととですね。あとはこれ、禁止事項ってことではなかったんですけど。眉毛は、高野連でいじっちゃダメだって決まっているんですけど、多くが薄い状態になっている。うちはこれを守ろうっていうことにはなっています。

「佐藤」 明成高校っちゅうのは、女子校から男女共学になったんですよ。で、女子校の流れが強く残っているんです。

「国分」 残っているんですか?

「佐藤」 はい。男子を入れたけど、経営上、男子を入れたというかね、男を男らしく育てるなんていう教育っていうのはあまり感じられないんですよ。そこにね、私もひ弱さを感じるところがあるんですけどね。仙台高校の時はね、男女交際なんて、そんな。文武両道をうたって、男女交際なんかしていたらもう、勉強、バスケット、交際じゃ、3つなんか出来るわけねぇと。その時間を与えないように苦心したっていう(笑い)禁止するんじゃなくて、その時間、例えば、朝のホームルーム直前まで体育館で練習、昼休みも練習、放課後も練習、下校時間は全然違う。日曜日は朝から晩まで練習と。そうやってね、出来るわけがないよと。そういうのを暗黙に知らせていたっちゅうか(笑い)

「佐々木」 今、メールがあるのでやっかいなんですよね。

「佐藤」 そう、メールがあるからね。

佐々木 夜中まで。結局、メールのやりとりに時間、相当取られています。寮を見に行くとですね、携帯電話を握ったまま、メールを送信しないまま眠ってしまっているとか。なんか、メールが。

「国分」 でも、男の方はどちらかっていうと。俺がうらやましいなって思ったのはさ、男は加害者になっても被害者にはならないじゃん。女の子はほら、取り返しのつかないことが待っているからね。そういう練習以外の神経って、すごく使ったね。

「佐藤」 でしょうね。

佐々木 バレー部の子と野球部の子とかが付き合うとですね、全然、大丈夫なんです。お互い頑張っているので、頑張ってねってなるんですけど、クラブしてない子と付き合い始めるとですね、引っ張り始めるんです。時間が違うので。それでおかしくなっていきますね。

このページのトップへ