独占インタビュー 第46回  【特別企画】 高校スポーツのあした(3) 2010年05月25日

5、キャリアの逆転現象

【高校野球情報.com】【特別企画】 高校スポーツのあした

【国分先生】

「佐藤」 国分先生、かつて「雑草軍団」っておっしゃった時代があったでしょう?

「国分」 はい、はい、ありました。(笑)

「佐藤」 ねぇ。いや、あの、チームに対してのタイトルの付け方、そして、その的確なタイトル。雑草というだけで、私たちは踏まれても、踏まれてもはい上がるんだと。片方は綺麗なバラかもしれないけれど、雑草だって強く、たくましいところで、綺麗どころと勝負するんだとかね。そういうイメージがあるじゃないですか。私、あの時、いやーと思いましたね。チームとして今年のテーマっていうかね、そうやって選手たちに希望を持たせていくっていう、あれはずいぶん、参考にさせていただきましたよ(笑)

「国分」 そうですか(笑い)やっぱりね、時代が今、何を求めているのかってことも、指導者っていうのは大事じゃないのかなと。あの頃ね、村田兆治とかね、要するに雑草っていう言葉がひとつの時代の流行語っていうのかな、スポーツ界でね。踏まれても、踏まれても、ケガにも打ち勝っていくっていうので。たまたま、うちもその時は、宮城県の選手が圧倒的で、岩手県の子が一人だけいたのかな。

その、県でも3位のチームが最高だったんですよ、宮城県で。だから、雑草がいいのかなと。片方(八王子実戦)に大林素子(当時、八王子実践)がいたから、尚更。片方が全日本の中学時代に日の丸を付けた選手が6人中5人だったんですよね、レギュラーメンバーの中で。これに対抗するには、やっぱりこの言葉だと。そうすると、世間の大衆も俺たちの応援に回ってくれるんじゃないか、って考えでね(笑い)

「佐藤」 先生ね、たぶん、そういう風なテーマを付けるということは、キャリアの逆転現象を狙っているはずなんですよね。中学校の時、あの人たちは私たちよりも上よ、と。だけど、高校3年間で、私たちは逆転して抜きます、と。そういう風な逆転現象、私はキャリアの逆転現象をはからないといけませんよ、と。ただ、先生の「雑草軍団」の一言、あれは、先生のインタビューと雑誌と両方で拝見してね、チームとして、先生には先生のバレーボールのカラーがお有りでしょうけど、今年のチームはこのテーマでなきゃ、戦っていけませんよ、と。そういう作り方がすごく上手だな、と思いましたね。

「国分」 いやぁ。でも、先生の今年の(インターカップの)新聞記事を読んでっけども、最後の5分間でね。

「佐藤」 でもね、先生、それはね。野球でも1回戦から始まって、1つ勝てば違うでしょ。2つ勝てばもっと違うでしょ、選手。どうですか?

「佐々木」 えぇ、全然、変わっていきます。

「佐藤」 3つ勝つと、10ヶ月前に教えたことだって、出てくるじゃないですか。この高校生っていうのは、だから、面白いんですよねぇ。

「国分」 ねぇ。いや、本当にね、大会の始まった初日と終わった日っていうのは、同じ人間かって思うくらいにね。

「佐藤」 先生もそうでしょ!

「国分」 はい、そうですよ!1つ勝つに従ってね、ピカピカと自信めいたものがね、こう、くるんですよね。あれがやっぱり指導者の辞められない魅力じゃないですかね。

「佐藤」 ですね。そういう風にして、選手たちも頑張ってくれると、私なんかこう、練習であんなに出来ないことが今やってくれているぞと、泣けてくるんですよ、感動して。選手から感動をもらってね。その数が多ければ、多いほど、それが結果につながっているのかなと。今年なんかは、ちょっと、つらいチームだったんですけど、言っている通りに進んで、選手たちが自分たちで感動してしまって、試合が終わる前から涙流しているっていう場面があってね。いやぁ、まさにね、このアマチュアスポーツの原点に立ち返られたかなっていう、非常に嬉しい思いをしましたね。

このページのトップへ