第10回 オリックス2軍打撃コーチ 古屋英夫さん2008年01月14日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

インタビュー

第10回独占インタビューはオリックス・前スカウトの古屋さんです。今シーズンから2軍打撃コーチに就任する古屋さん。5年間のスカウト活動を身近な選手の話も踏まえながらお話してもらいました。

 


スタッフ(以下 ス) アマチュア選手のどのような点をみているのですか??

古屋(以下 古) 自分が野手出身なので動きとか経験でわかりますね。足とか肩とかそういうレベルではすぐ分かります。

ただ投手に関しては投げ方よりも自分がバッターボックスに入った時の感触で見るようにしていましたね。綺麗な投げ方でも逆に打者にとっては打ち易かったりします。コントロールでも本当のコントロールがあるのか。球の切れもホームベース上で、どのくらい切れがあるのか。打者から見た打ちづらさを見てました。ただ投げ方が悪いと今度は故障に繋がりますので、最初は投手を見るのは難しかったですね。

打者は見る機会を増やそうと思って一人の選手を2回・3回と見ていました。

特に高校生は見る度に違うので一回見ただけで判断はしないようにしました。根気良くやろうと思ってました。もちろん全員が見て良いと思う選手は誰が見てもいいですよ。(笑)

 今年で言うと中田選手(大阪桐蔭)なんかそうですよね。

 そうですね。彼なんかは飛ばす能力とか天性の物を持っていますね。少しくせがあるけど、飛距離を出すのは並みの高校生ではないです。自分達が良いと思った選手は、他球団に入団してもどれくらい活躍するのか、頑張ってほしいし、楽しみですよ。また自分達の目が正しかったのかどうか分かりますしね。

 なるほど。一つの尺度になりますよね。具体的にはどういうところを見てましたか?

 ん〜逆に抽象的になりますけど。まずは他の選手とは違っていないといけないです。

抜きん出ていないといけない。なんとなくだけど、雰囲気がありますよ。やはり違います。試合のプレー以外でもキャッチボールとか走っている姿とか。練習試合で背番号をつけていない時でも「あ、彼だな」と分かります。グランドに入って選手を見ただけで分かります。プレー以外の所をみていますね。プレーになれば、選手はスカウトが来ているのはだいたい分かりますから。それ以外の野球に対する姿勢も見ています。

 今回は関東担当だったのですが。

 ええ。今年は埼玉以外はだいたい見ました。

【次のページ】 オリックス2軍打撃コーチ 古屋英夫さん(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

古屋英夫さん 
  • 生年月日:1955年8月1日
  • 木更津中央高等学校(現在の木更津総合高等学校)
    亜細亜大学 1978年 日本ハムファイターズに入団。
    1991年 阪神タイガース移籍
    1993年〜2002年
    日本ハムで打撃コーチ、チーフコーチ。
    2003年
    オリックス・バファローズでスカウト
    2008年
    同球団の2軍打撃コーチを務める。
    最多勝利打点 1回(1985年)
    ゴールデングラブ賞 4回(三塁手:1982年、1983年、1985年、1986年)
    オールスターゲーム出場 2回(1979年、1985年)
【関連記事】
第10回 スポーツライター・小関順二さん×高校野球ドットコム副編集長・河嶋宗一の12球団ドラフト分析予想【オリックスバファローズ編】【プロ12球団ドラフト分析2018】
第29回 松田 宣浩選手(中京-福岡ソフトバンクホークス)「あいつにはすべてを託したいと思わせる魅力がある」【恩師が語るヒーローの高校時代】
第10回 山﨑 康晃選手(帝京-横浜DeNAベイスターズ)「プロ入りした選手でこれほど極端に変わったのは山﨑が初めて」【恩師が語るヒーローの高校時代】
第50回 木更津総合(千葉)編「常に全力が身上の木更津総合のつながり」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第11回 【侍ジャパンU-18代表コラム】敗戦も大きな収穫を得た侍ジャパンU-18代表【2015年 第27回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第212回 福岡ソフトバンクホークス 松田 宣浩選手(岐阜・中京高出身) 【2014年インタビュー】
木更津中央 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー