第18回 ブルータグ株式会社 南 啓介さん2008年08月09日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

森 義隆さん

インタビュー

今回の独占インタビューは昨年までオーストラリアでプレーし、現在はアスリートを支援す「ブルータグ株式会社」で活動されている南 啓介さんです。関西創価-近畿大学 と進学し、オーストラリアシドニーに本拠地を置く、「マンリーワリンガーBASEBALL CLUB」にてプレー。進路を決めたきっかけ等を中心にお話を伺いました。


野球を始めたきっかけは?

最初は水泳をやっていたんですよ。ただ、小学校4年生の時だったと思いますが、Jリーグが開幕して、水泳はブームやないやろという事でまずはサッカーの練習を1回2回行ったのですが、上手くなくて試合に使ってもらえる気がしなかったですね(笑)また友達が野球部にいて以前から誘ってくれていただのもあり、やってみたら僕より速く投げれる子も、飛ばす子も、速く走る子もいなくて、、、(笑) それだけの理由では無いですが、始める事になり、野球にのめり込みました。

このページのトップへ


関西創価高校に進学したきっかけは

覚前昌也さん(PL学園-近鉄)の影響を受けた面があります。中学の時、「京都田辺公式野球部」(ボーイズリーグ)に入ったのも覚前さんがきっかけです。というのも(覚前さんの)おっちゃんと凄く仲良くなったんですよ。僕の通っていた中学校の通学路の途中に宇治消防署があって、そこで(勤務している)おっちゃんが「おい南、中学校はどこで野球やるんや」といつも気にかけてもらい、そんなきっかけと覚前昌也さんは有名だったし、中学校に入ったら覚前さんと一緒に野球やりたいなと思って「京都田辺」に入りました。

高校を選ぶ際にはまず、あこがれである覚前さんの下に行く事も考えましたが、入ったら覚前さんを超える事は出来ないのかなという思いも持っていましたし、でも同じ地域で野球がしたい。そこで、1. 大阪で甲子園にいけるところ、2.僕を必要としてくれるところ、を探しました。そして、この基準で満たしていたのが、関西創価でした。ちょうど僕らが体育コース4年目で、入学する前は大阪で2年連続準優勝。PLに行くといっていた子も10人くらい知っていたのですが7人くらい関西創価に進学すると言っていたんです。それでみんなで甲子園へ行こう!という事で「関西創価高校」へ進学を決めましたね。

このページのトップへ


【次のページ】 ブルータグ株式会社 南 啓介さん(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第247回 NPBへの輩出偏差値からわかる!NPB入団へ最も近道となるチームは徳島インディゴソックスだった!【ドラフト特集コラム】
第1069回 次世代の大型スラッガー・佐藤輝明(仁川学院-近畿大)の急成長にあった「右わき」を締めない意識【後編】 【2019年インタビュー】
第1069回 柳田悠岐、糸井嘉男を凌ぐスケールを持つ、ホームランの求道者・佐藤輝明(仁川学院-近畿大)【前編】 【2019年インタビュー】
第1032回 152キロの剛腕サイド・村西良太を覚醒させた「昼寝」と「巨人・畠からの金言アドバイス」 【2019年インタビュー】
第1024回 エースになれなかった中・高時代 転機となったサイドスロー 近畿大の152キロ右腕・村西良太【前編】 【2019年インタビュー】
第224回 ~ 独立はNPBへの近道だ ~ 独立リーグの今に迫る!【ドラフト特集コラム】
第43回 曲者揃いのオーストラリア相手にどんな戦いをすればいいのか?【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第38回 アメリカ、韓国、日本だけではない!今年のスーパーラウンドに進出した6チームはどこも優勝を狙える実力がある!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第24回 勝利と育成の両立を可能にした「状況に応じた野球」の追求 西京ビックスターズ(京都)【前編】【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第257回 東北楽天ゴールデンイーグルス 藤田 一也選手「常識を疑いながら鉄壁の守備を築き上げた独自の守備論」 【2015年インタビュー】
近大泉州 【高校別データ】
近大附 【高校別データ】
田辺 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー