第22回 メンタルトレーナー 高畑好秀先生2008年10月27日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第22回独占インタビューはメンタルトレーナーの高畑好秀先生です。
先生はプロ野球選手、Jリーガーなど数多くのスポーツ選手のメンタルトレーニングの指導を行っています。そんな先生から、今回は高校球児に効果的なメンタルトレーニングを中心にお話をお伺いしました。オフシーズンはフィジカル強化と一緒にメンタルについても考えてはいかがでしょうか。


メンタルトレーナーになったきっかけ

「練習で習慣づいた事が試合にもでる。」

高畑先生(以下「高」) 私はもともと、メンタルが強かったわけではなく、小学校のころはみんなの前で、教科書を立って読んだだけで顔が真っ赤になってしまうほどでした。スポーツをやっているときでも、練習でできたことが試合で出せないなんてことが良くありましたね。
大学で早稲田大学人間科学部に入学して、どうせ勉強するんだったら自分が一番弱点としている部分を克服できたら大学行った意味があるのかなと思い、心理学のゼミを専攻しました。それがメンタルトレーナーになった大きなきっかけですかね。

スタッフ(以下「ス」) メンタルトレーナーになるための勉強は大学時代にされたということですか?

 いえいえ、確かに基礎は学びましたが、大学の勉強をしたからメンタルトレーナーになれるという訳ではなく、後の応用部分は自分の力で習得しました。

 何かメンタルトレーナーになるための必要な資格はあるのですか?

 もちろん心理学に関する資格などはありますが、資格とかスキルをどう活かせるのかはその人の人間性や感性などの問題ですよね。最近は、その資格やスキルを習得することに満足して、その後の人生に生かしきれていない人が意外と多いなあと思います。

このページのトップへ


メンタルトレーナーをやっていて、やりがいを感じること

 他のビジネスの場合、白黒はっきり結果が決まるということはあまり無いじゃないですか。まあ、はっきり決まったとしても長い時間かかって決まることがほとんどですよね。
逆に、メンタルトレーナーの場合は、トレーニングによってすぐ白黒がはっきりして、効果があったか、なかったか実感できるわけですよ。だから、いい意味で日常生活ではなかなか体験できない緊張感は感じていますね。あと、一緒にトレーニングした選手が活躍しているのを見ると非常にうれしいし、選手を通して自分もドキドキできることはとても幸せなことではないでしょうか。

 やりがいはある反面、かなり根気のいる仕事ですよね?

 そうですね。メンタルトレーニングとは「心の教育」だと思っているんですよ。教育というのは字の通り、教えることと育てること。教えるというのは知識・スキルを教えること。それと同時に心を育てなくてはいけない。もちろん心を育てるほうが時間がかかります。いま学校教育の分野でも、知識・スキルは教えられても、心を育てられない指導者が多くなっているように感じます。

 それは高校野球でも言える話ですよね?

 まあ、できている先生もたくさんいますがね。でも、心を育てることはかなり時間のかかることですからね。

このページのトップへ


【次のページ】 メンタルトレーナー 高畑好秀先生(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

高畑好秀先生
高畑好秀先生
  • 生年月日:1968年
  • 出身地:広島県
  • 早稲田大学人間科学部スポーツ科学科スポーツ心理学専攻卒。
    日本心理学会認定心理士資格を取得。
    同大学運動心理学研修生終了の後、数多くのプロ野球、Jリーグ、Vリーグ、プロボクシング、プロゴルファーなどのプロスポーツ選手やオリンピック選手などのメンタルトレーニングの指導を行なう。

    日本コンディショニング&アスレチック協会公認スポーツ心理学講師
    富士アスレチックビジネス専門学校スポーツ心理学講師
    NPO法人コーチズのスポーツ医科学チームリーダー
    スポーツ総合サポートチームのMAPSのスポーツ医科学チームリーダーを務める。
    東京消防庁安全対策委員。

    スポーツメンタル、ビジネスメンタルに関する著書は60冊を超える。
    またテレビやラジオ(テレビ朝日、フジテレビ、TBS、NHK、東京FMなど)、様々な雑誌、講演(企業におけるビジネス講演や研修は400社を超える、他はオリンピック協会や各種の競技連盟、高校野球連盟、各県の体育協会などのスポーツ講演も行なう)などを通してメンタルトレーニングの普及に務めている。
【関連記事】
第1145回 大学3年右腕ではトップの徳山壮磨(早稲田大)をレベルアップさせたフォーム改造術 【2020年インタビュー】
第1141回 中川卓也(大阪桐蔭-早稲田大)屈辱の1年を乗り越え、東京六大学で首位打者を狙える選手へ 【2020年インタビュー】
第1141回 二度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭の主将・中川卓也(早稲田大)が濃密な3年間で得たもの 【2020年インタビュー】
第1097回 ストイックな早川をさらに進化させた小宮山監督とプロ入りした先輩のアドバイス 早川隆久(早稲田大)【後編】 【2020年インタビュー】
第1097回 大学でも攻略困難な左腕になるために 早川隆久(早稲田大)が下級生時代の洗礼から得たもの【前編】 【2020年インタビュー】
第16回 【U18日本のライバル国紹介】大半がプロ内定!去年のアジア覇者・韓国の要注目の選手【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第64回 有原 航平(広陵ー北海道日本ハムファイターズ) 「スケールの大きい『実直・真面目』な姿に自然と期待が膨らんでいく」【恩師が語るヒーローの高校時代】
第27回 駒大苫小牧が田中将大で、大会3連覇を果たすかという中で注目されていた年【高校野球ヒストリー】
第171回 ミレニアム世代のトッププロスペクト vol.20 「野村大樹」【ドラフト特集コラム】
第8回 侍ジャパン大学代表から見る投手と野手の成長度の違い【2015年 第27回 WBSC U-18 ワールドカップ】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー