第21回 東北楽天ゴールデンイーグルス 川岸強選手2008年10月16日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

三共スポーツ presents 独占インタビュー

今回の独占インタビューは東北楽天ゴールデンイーグルスの川岸強投手です。
高校時代の思い出、そして本人が現在使われている「SURE PLAY」のグラブについてもお話をお伺いしてきました。


桐蔭学園高校時代

スタッフ(以下「ス」) 桐蔭学園高校に入学したきっかけは?

川岸投手(以下「川」) 中学時代、友達のお父さんが桐蔭の監督と知り合いだったということもあり、セレクションを受けさせて頂きました。その後、他に何校か推薦を頂きましたが、将来のことも考えて、県内でも進学率のいい桐蔭を選びました。自分からセレクションを受けに行ったのが桐蔭だけだったということもありますけど。

 中学はあまり強いチームではなかったという話なのですが。

 まあ、そんなに強いチームではなかったのですが、僕自身野球が好きな気持ちは誰にも負けないと思っていたし、練習も1人でかなりやっていましたからね。だから、桐蔭に入学してもそんなに周りのレベルには驚きませんでした。むしろ、寮で生活しながら、野球漬けの毎日を過ごせることが幸せでしたね。

 やっと本格的に野球ができる喜びを感じていたわけですね。

 そうですね。寮生活できない学校は選択肢に無かったですね。寮に入って野球だけしようと思っていましたから。ですから、最初は強豪の桐蔭学園で野球ができるということで、希望に満ち溢れていましたね。

 なるほど。印象に残っている練習などありますか?

 どんな練習もそれほどきついとは思いませんでしたね。ただ高校時代は本当に野球しかしていませんでした。1週間に1回コンビニ行くぐらいで、外にも出ていなかったし。テレビも見ないで、朝から晩まで野球でした。

 高校時代は背番号8で甲子園出場しましたよね?

 高2の夏は背番号11でしたが、予選の時は(チームで)一番試合で投げていました。それで、高2の秋に優勝候補のチームのエースとして登板したのですが、準決勝の横浜商業戦で僕が打たれて、ファースト守っていた浅井(現 阪神)が投げるときっちり抑えるわけですよ。それでピッチャーがまた僕に変わると打たれてしまう・・・さらに守備でもエラーをしてしまい、チャンスでも打てなくて、結局その試合は完全に僕のせいで負けてしまいました。その試合の夜には監督に呼ばれて「お前はピッチャーとしては通用しないから、外野手になりなさい。」と言われましたね。それで春の関東大会の準決勝・決勝ってダブルヘッターじゃないですか。だから、準決勝投げるピッチャーがいないという事になって途中から投げて、その試合は勝ちました。もうピッチャーだという気持ちがそれほどなかったので、プレッシャーを感じるわけでもなく、軽い気持ちで投げました。サイドスローに変えたのも去年の秋以降ですからね。すると決勝は秋とは逆で浅井(現 阪神)が打たれて、僕が抑えるという展開になったんですよ。

 サイドスローにしたきっかけは?

 1つ上の先輩がスリークォーターまたはサイドスローで投げていたのでそれを真似しました。誰に命令されたわけでもなく腕を下げてみました。

 その後、駒大に進学されるわけですが、高校時代これをやっておいたから後で通用したと思う練習は?

 そうですね〜。。。桐蔭の野球は奥が深かったと思います。野球ノートというのがあって、毎日書いていました。この場合はこういうセオリーというのを叩き込んでいましたね。だから大学行っても、自分は周りの選手よりも野球を知っているなあと実感しました。いまでも家に3年間書き続けたノートがありますよ。でも練習後の眠い状態で書いていたので、いま読み返しても何を書いているのかわからないところもありますが。(笑)

 野球ノートを毎日書くことも、現役の球児には必要なことかもしれませんね。

 そうですね。毎朝、強制で提出でした。それを監督が読んで、たまに気になったことを一言書いてくれましたね。ずっと財産にしています。書いて自分で反省することは本当に大事なことだと思っています。いまでも特にキャンプ中は気になったことを書き留めていますけど。

 では、高校野球の最大の思い出は?

 夏の県大会の決勝にはたぶん横浜が上がってくるだろうと思っていました。横浜には松坂(当時高2)がいたんで。でも結局秋の因縁の相手、横浜商業が横浜に勝って決勝まで上がってきました。秋にピッチャーをやめさせられたその因縁の相手に借りを返さなければいけないと思いましたね。結局、その相手に決勝で完投し、甲子園に行くことができました。それが1番の思い出です。

このページのトップへ


【次のページ】 東北楽天ゴールデンイーグルス 川岸強選手(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

川岸強選手
川岸 強 選手 
  • 生年月日:1979年9月12日
  • 出身地:神奈川県
  • 桐蔭学園-駒沢大学-トヨタ自動車-中日-楽天
    79回全国高等学校野球選手権大会 甲子園大会出場
    2003年IBAFワールドカップ日本代表選出
    小城高校戦で20奪三振の快投を見せる。
    2003年秋ドラフト7巡目で入団
    2007年 楽天イーグルス入団
【関連記事】
第1047回 覚醒目前!強打の核弾頭・森敬斗(桐蔭学園)を目覚めさせた指揮官のワンポイントアドバイス 【2019年インタビュー】
第22回 世界一への道は、野手陣の成長が最重要!U-18野手の走攻守の課題を洗い出し!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第8回 底知れぬポテンシャルを持ったアスリート型プレイヤー!森 敬斗(桐蔭学園) 【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第223回 森木、笹倉、徳丸など地方大会で躍動した23名のスーパー1年生たち【ドラフト特集コラム】
第207回 ラストサマーで飛躍を誓う逸材野手たち 夏に急浮上する野手を見逃すな!【ドラフト特集コラム】
第918回 日大藤沢ブロックが最も熾烈!鎌倉学園、桐光学園の戦いの行方は?【前編】【大会展望・総括コラム】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第869回 「あれこれ考えない思い切り」が福岡大真(筑陽学園)の打撃を生み出した 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
第867回 神宮で見せた大器の片鱗!西舘昂汰(筑陽学園)が狙うのは「甲子園で150キロ」 【2019年インタビュー】
駒大高 【高校別データ】
桐蔭学園 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー