東松 快征投手(享栄)

 2023年の高校生左腕を代表する左腕、享栄(愛知)の東松 快征投手(2年)。最速152キロの速球と、多彩な変化球で勝負するパワーピッチャーだ。

 東松は同じくドラフト1位候補に挙がっている大阪桐蔭(大阪)の前田 悠伍投手(2年)に強烈な対抗意識を持っている。それでいながらストイックな姿勢で伸びていく姿勢の良さもある。そんな東松の成長の歩みを紹介していきたい。

 とてつもない剛速球だった。

 享栄高校の室内練習場で投げ込む東松の速球は、まさに剛速球だった。コーチの方から「ネットをはずしましょうか。そのほうが勢いが伝わる球筋が撮影できますよね」と提案を受けて、ネットがなく、捕手のやや後ろから動画撮影したが、恐怖感しかなかった。投球練習を見て、実感した。

「これはドラ1」だと。

 剛速球だけではない。取材した22年7月と比べると変化球の精度も高まっていた。しっかりとレベルアップしている様子が伝わってきた。東松はいかにして成長してきたのか。

 東海中央ボーイズ時代から評判だった。

「大藤先生(監督)と日本一になりたい思い一つで来ました。」

 享栄に入学。2学年上には多くの好投手がいた。最も憧れたのが、2021年ドラフト5位の速球派右腕・竹山 日向投手(ヤクルト)の姿だった。竹山の投球だけではなく、取り組む姿勢にも大きな影響を受けることになる。

「竹山さんの連投の取り組み方とか、自分と比べてみると、全然、自分は未熟だなと感じました。竹山さんを目標にして、練習の取り組み方が変わって、球の勢いやコントロールが良くなりました。」

 確かに21年のドラフト前に竹山を取材した時、基礎トレーニングをしっかりとこなしている姿があり、大藤監督からも取り組む姿勢が他の投手とは違うと絶賛していた。東松は竹山の姿勢を学び、レベルアップに努めていた。

 また、同時にライバル視する投手も現れた。それが大阪桐蔭の前田だ。明治神宮大会で快投を見せる前田についてこう語る。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。