今年のドラフトでソフトバンクから見事に1位指名を受けた(愛知)のイヒネ イツア内野手。甲子園出場経験はないものの、その将来性を高く評価された。

 1位は当日ではなく、事前公表だった。

 1位公表効果もあり、イヒネ、そして誉高校へのもとへ取材が殺到したという。今年の6月に取材をして、イヒネのポテンシャルの高さ、将来性、スター性に惹かれた編集部としても、もう1度取り上げたくなった。

 百聞は一見に如かずということで、今回の取材で新たに気づき、進化した点もあったので、お伝えしたい。

なぜイヒネは6月から7月にかけてヒッチする打撃フォームから現在の打撃フォームに変更したのか?

 イヒネには前回の取材の感謝と取材後の反響を聞いた。

「動画が上がって、いろんな方から『YouTube見たよ』というメッセージをたくさんもらいました」と振り返る。

 最初に質問したのは6月の練習時のフォームと夏の大会の打撃フォームの違い。6月の時はトップに入った時にグリップを上下動させる「ヒッチ」する動作を取っていた。ただ、7月の大会の打撃フォームを見ると、そのヒッチする動作をやめて、シンプルな打撃動作に変更をしている。まずヒッチを入れたきっかけについては、こう語る。

「伸び悩みがあって、最後の夏にすごい成績を残したいと思っていました。今のままだったら、いい成績を残せずに終わりそうだなと思って、ヒッチを練習から取り入れたら、打球も飛ぶようになりました。

 ただ練習試合になると打球は飛ぶかもしれませんが、(球を)捉えられないことが多くなってしまいました。練習試合で率が下がってしまったので、元に戻すことにしたのです」

 自分が目指したい打撃スタイルに柔軟に変更し、結果を残した。

 打撃練習で気になった動作について、いろいろ質問してみた。

ーー夏の大会から、やや、すり足気味でタイミングを取っているのは、どういう意図があるのでしょうか?
イヒネ:夏の大会から開き気味で、自分にとって振りやすい形なんですよね。(腰を旋回する動作を見せる)

ーーあとはインコースの捌きが上手いのは鍛えていったものなのでしょうか?
イヒネ:もともとインコースが好きというのがあります。だからインコースに強いと思ってもらえるのかなと思います。

ーー肘の使い方が印象的ですが自然にできたものでしょうか
イヒネ:自然にできたものだと思っています。インサイドアウトのスイングを心掛けた結果、肘の捌き方も良くなったと思っています。

ーーその結果、初戦でホームランとなりました
イヒネ:あの場面で必要なのは強いスイングで1点でも取るというふうに思って打席に立った、強いスイングをしたらホームランになりました。

ーー敗れはしましたが、西尾東戦でも長打もあり、4打数3安打3打点の活躍でした
イヒネ:強いスイングをずっと心掛けて打席に立ってたら、ああいった結果になったので、良かったです。チームとして、甲子園に行きたかったですし、3回戦敗退となって、もう終わったかと思います。

 木製バットへの順応のために練習を重ねているが、どちらかというと木製バットの方が遠くへ飛ばせる感覚があるという。

「とにかく強く振ることを意識しました。個人的にはそんなに苦労したというのはなく、同じメカニズムで打っていて、強く振ることを意識したら、だいぶ良くなったと思います」

 守備では基本を見直してきたという。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。