今年ドラフトで阪神1位指名を受けた中央大・森下 翔太外野手(東海大相模)。春季、秋季リーグ戦を合わせて計4本塁打。いつ見ても、本塁打もしくは長打が期待できる選手で、ワクワクさせてくれる。この1年、どう向き合ってきたのか語ってもらった。

頭が真っ白になった大学代表直前合宿での骨折

ーー3年生シーズンは森下選手にとっては満足いくシーズンではなかったと思いますが、オフシーズンはどのように過ごしてきましたか?
森下:結果としても自分の成績も良くなかったので、いい意味で悪かった分、割り切りができた。それを結果として捉えて、オフは改めて自分を見つめ直す機会ができたので切り替えはできました。

ーー具体的にはどう見直していったのでしょうか?
森下:ミスショットが多いなと感じましたので、一球の大切さというか、バッティング練習からミスショットをしないように一球ずつ捉える意識でやりました。

ーー春のリーグ戦ではホームラン3本を放ちました。オフにやってきたことが生きたのでしょうか?
森下:オフを含めキャンプのところで、打撃の部分で見出せたので、春に結果として残ったと思います。

ーーここまで結果が変わったのは球の見え方が変わったのでしょうか?
森下:今まで速い球と遅い変化球というところにタイミングをずらされて、自分のバッティングができなかったところが多かった。そこのズレがなくなった分、自分のタイミングで打てれば、ある程度捉えられる自信があるので、タイミングはしっかりとれたと思います。

ーーこうした活躍が認められて、大学日本代表に選出された森下選手ですが、直前合宿で死球を受け、骨折となりました。この診断をどう受け止めたのでしょうか?
森下:頭、真っ白まではいかないですけど、どうしようという形にはなりました。

ーーそれでも代表チームと帯同を決めた理由は何でしょうか?
森下:行かないで、後悔をするより、行ってチームの一員としてできることをやりつつ自分の吸収できることがあれば吸収したいと思ってそう伝えました。

ーー実際に行ってみていかがでしたか?
森下:国際試合は日本の試合と違い、投手の球だったり、動く球だったり、バッターも自分の間を大切にしてタイムを掛けたり、日本のリズムにならない状況の中での戦いでしたので、見ててやりづらさは感じました。

ーー勉強になることは多かったんですね。
森下:試合に出られない分、いろんな選手とコミュニケーションが取れたので、同級生からも吸収できることもありましたし、相手のチームを見て吸収できることも多かったです。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。