近江(滋賀)時代にエースとして甲子園に3度出場し、侍ジャパンU-18代表にも選ばれた実績を持つ林 優樹投手(3年)。高校卒業後は社会人の西濃運輸に進み、今年でドラフト解禁の3年目を迎えている。

 その間に体つきは大きく変わり、高校時代は130キロ台だった直球の最速も147キロをマークするようになった。

 3年間で大きく成長した林は、今年のドラフト会議での指名が有力視されている。前回に取材した昨年3月から現在に至るまでの歩みを語ってもらった。

2年目に140キロ台に到達もケガもあり、投げられない時期も…


 岐阜県大垣市にある西濃運輸野球場で練習している林の下半身は、1年半前に会った時よりも大きくなっている印象を受けた。高校時代の体重は63キロで、昨年3月の時点で70キロだった。さらにそこから一回り大きくなり、現在の体重は75キロだという。

 社会人1年目は左肘の故障もあり、体づくりに専念。2年目から実戦登板を果たすようになると、140キロを超える速球を投げるようになって、再び脚光を浴びた。進化する姿を見せた一方で、社会人野球のレベルの高さも痛感した2年目だったと振り返る。

「色んな壁に当たることが多かった2年目でした。高校野球とは一つ、二つとレベルが上がった中で苦戦もしましたし、その中で自分で考えながら野球ができたというのは本当に良かったのではないかなと思います」

 昨年の都市対抗野球大会東海地区2次予選の第4代表決定戦ではリリーフで勝利投手になり、3年ぶりとなるチームの本大会出場に貢献。しかし、左肘を痛めて都市対抗野球大会で投げることはできなかった。

 都市対抗野球大会出場を決めた試合から実戦のマウンドからは半年以上遠ざかった。「野球ができない日が続いて、野球ができないってこんなに苦しいんだと初めて思いましたし、しんどかったかなと思います」と苦しい日々が続いた。

 それでも心が折れることなく、努力を続けることができたのはプロ入りへの強い思いがあったからだ。高校時代にはプロ志望届を提出するも指名漏れ。入社当初に使用していたグラブにはドラフト解禁の年数を示す「3年後」という言葉を刺繍していた。

「3年後にプロに行くという一つの目標を立てましたし、プロに入って活躍するという目標は常に持ってやってこられたかなと思います」と胸を張る。彼の入社当時は投手コーチで昨年12月から指揮を執っている佐伯尚治監督も、林の取り組む姿勢を高く評価している。

「入ってくる前から強い意志を持ってここに来てくれたと思いますし、それを持って3年間取り組んでくれたと思います。上手くいかない時は気持ちが折れそうになる時期もあったと思いますけど、その時も『目標は何だ?』という話は何度かしたことはありますし、そこでしっかり彼は折れずに努力をしてくれたおかげでこの状況があるのかなと思います」

 故障を乗り越えて5月のベーブルース杯で実戦復帰。今年は都市対抗野球大会で東京ドームのマウンドに立つことができた。初戦で優勝したENEOSに敗れ、林自身はリリーフで2回1失点という結果に終わったが、貴重な経験になったと振り返る。

「甲子園と違った独特の雰囲気があって、緊張した中でマウンドに上がりましたが、自分が積み重ねてきたことをしっかり出せたかなと思います。社会人の中でもトップクラスのチームと対戦させてもらって、色んな刺激をもらいましたし、すごく良いチームだなと思いました」

 ENEOSからは1球に対する執念の強さを感じたという。アマチュア野球最高峰の舞台で短い出番ながらも確かな存在感を示した。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。